コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリオ・ソナタ トリオ・ソナタtrio sonata

2件 の用語解説(トリオ・ソナタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリオ・ソナタ
トリオ・ソナタ
trio sonata

バロック時代の最も重要な室内楽形式。独立した3声部をもつソナタ。一般にほぼ同音域の上2声部とそれを支える低声部の3つの声部から成る。低声部には和声を満たす通奏低音用の鍵盤楽器が加えられたので,トリオ・ソナタは一般に4つの楽器で演奏されたが,最も好まれた編成はバイオリン2,チェロ1,チェンバロあるいはオルガン1であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリオ・ソナタ
とりおそなた
trio sonataイタリア語

17世紀後半から18世紀前半にかけて流行した、二つの旋律楽器と通奏低音による室内楽。この場合のトリオとは、古典派以後の三重奏曲のように楽器の数を示すのではなく、三つの声部が基本となっている書法を意味する。トリオ・ソナタはイタリアで生まれ、コレッリの各12曲からなるトリオ・ソナタ曲集(四巻、1681~94)の出版以来、全ヨーロッパに広まった。形式は、初期のカンツォーナ風のものから、教会ソナタ(緩―急―緩―急の四楽章構成)や室内ソナタ(舞曲の連続)、さらにはこの二つの形式を混合したものへと変わっていく。コレッリ以後の主要作曲家には、イギリスではパーセルとヘンデル、フランスでは大クープランドイツではテレマンやJ・S・バッハなどがいる。とくにバッハの作品では、伝統的な三声部書法(二つの手鍵盤(けんばん)とペダルがそれぞれ独立したパートをもつ)にイタリアの協奏曲の三楽章構成(急―緩―急)を取り入れたオルガン用トリオ・ソナタなどにおいて、斬新(ざんしん)な試みがなされている。[関根敏子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トリオ・ソナタの関連情報