コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリゴニア 〈ラテン〉Trigonia

デジタル大辞泉の解説

トリゴニア(〈ラテン〉Trigonia)

三角貝の学名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

トリゴニア

三角貝とも。三畳紀の中ごろに出現し,中生代に栄えた二枚貝の一グループ。浅海の砂質底を好んだらしく,世界各地の砂岩から産出し,示準化石として重要。この化石が密集して産する砂岩を古くはトリゴニア砂岩とよんだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリゴニア【Trigonia】

中生代に栄えた特徴的な二枚貝の1属でサンカクガイ科Trigoniidaeを代表する。分類学的にはこの属名は殻の前中部に強い共心円肋,後部に強い放射肋をもつ種に限定して使われるが,一般には広くサンカクガイ類全体をトリゴニアと呼ぶ(イラスト)。サンカクガイ類は多数の属から構成され,殻の外形や表面の彫刻は変化に富むが,ちょうつがいの部分の構造はほとんど一定していて,ぎざぎざの条線のついた2本の強い主歯が右殻にあり,左殻にはこれに対応する歯槽があることで特徴づけられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トリゴニア【Trigonia】

中生代のジュラ紀・白亜紀に栄えた海産二枚貝の一群の総称。外形は三角形に近く、殻の表面に太い筋や疣いぼ状の列がある。中生代の示準化石とされる。三角貝。 → ネオトリゴニア

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリゴニア

サンカクガイ(三角貝)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリゴニア
とりごにあ
[学]Trigonia

軟体動物門二枚貝綱トリゴニア科の代表属。一般には本科の類全般をさす。殻は三角形で厚く、内層は真珠層からなる。その殻の外形からサンカクガイ(三角貝)とも称する。右殻に放射状の特徴的な歯をもつ。殻表面は三つの部分に分けられ、各部に強い肋(ろく)(線状の高まり)やいぼが発達することが多い。中生代三畳紀中期に出現し、中生代全般に栄えた。狭義のトリゴニア属はジュラ紀のものに限られる。
 南オーストラリアの海岸に生息するネオトリゴニアNeotrigonia(シンサンカクガイ)は唯一の現生属で、遺存種の好例である。現生種との比較や化石の産状からみて、化石種の多くは暖かい外洋に面した浅海砂底に潜って生活していたと思われる。分布が広く、属の生存期間も短いので、中生代の重要な標準化石の一つである。日本の海成白亜系からも、スタインマネラSteinmanellaなど数多くの属種が産する。[棚部一成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トリゴニアの関連キーワードシンサンカクガイ(新三角貝)ネオトリゴニア新三角貝