コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリスタンとイゾルデ トリスタントイゾルデ

百科事典マイペディアの解説

トリスタンとイゾルデ

ヨーロッパの伝説物語。もとはケルト人の民間伝承で,12―13世紀にフランスを中心に多くの叙事詩に歌われた。そのうちではアングロノルマンのトマ作,これに基づいたドイツのゴットフリート・フォン・シュトラスブルク作のものが知られる。
→関連項目アーサー王伝説ニーベルングの指環ニルソンビューロー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

トリスタンとイゾルデ

ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーのドイツ語による全3幕の楽劇(1865)。原題《Tristan und Isolde》。中世ドイツの伝説に基づき、騎士トリスタンと王妃イゾルデの悲恋を描いた作品。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリスタンとイゾルデ

フランスを中心に広くヨーロッパに流布した恋愛伝説の主人公。コーンウォール王マルクの甥トリスタンTristanと,マルクに嫁ぐアイルランド王女イゾルデIsolde(フランス語でイズーIseut)は,誤って媚薬入りの酒を飲み,激しい恋に落ちる。モロアの森に追放されたあと,二人は離別を強いられるが愛は変わらず,やがて重傷を負ったトリスタンがイゾルデの到着を待ちきれず死ぬと,イゾルデもあとを追うようにして死ぬ。

トリスタンとイゾルデ【Tristan und Isolde】

R.ワーグナー作詞・作曲による3幕の楽劇。完成は1859年8月,初演は65年6月ミュンヘンの宮廷劇場であった。中世の恋物語《トリスタンとイゾルデ》を,ワーグナーは極度に単純化し圧縮し,劇の外面的展開も簡単にして主として主人公の恋愛の内面世界を扱った。作者の意図した総合芸術としての楽劇の理想が完全に具現化された傑作で,同時代および後世に及ぼした影響は非常に大きい。音楽的には,ライトモティーフの徹底的な使用,無限旋律の使用,半音階不協和音による構成などで特徴づけられ,《前奏曲》と《イゾルデの愛の死》は名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トリスタンとイゾルデ

ケルト人の伝説を基に中世ヨーロッパに広く流布した恋愛物語。マルク王の甥おいの騎士トリスタンと王妃イゾルデの悲恋を描く。一三世紀初めゴットフリート=フォン=シュトラスブルクにより叙事詩としてほぼ完成された。
ワグナー作曲の楽劇。三幕。1865年初演。主導動機の重視、無限旋律の使用、調性の崩壊へとつながる半音階的和声法の多用など、音楽技法上の画期的な工夫が見られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のトリスタンとイゾルデの言及

【ゴットフリート】より

…彼が騎士でなかったのは確かなようであるが,身分についてはシュトラスブルクの官吏,学校の教師,学者,聖職者などさまざまな推測が行われている。彼の作とされる抒情詩もあるが,本領は叙事詩であり,未完の《トリスタンとイゾルデTristan und Isolde》(1210ころ)は中世ドイツ文学の代表作である。未完の理由は彼の死とも,詩作上の行詰りとも言われる。…

【ゴットフリート】より

…彼が騎士でなかったのは確かなようであるが,身分についてはシュトラスブルクの官吏,学校の教師,学者,聖職者などさまざまな推測が行われている。彼の作とされる抒情詩もあるが,本領は叙事詩であり,未完の《トリスタンとイゾルデTristan und Isolde》(1210ころ)は中世ドイツ文学の代表作である。未完の理由は彼の死とも,詩作上の行詰りとも言われる。…

【非和声音】より

…18世紀には近代和声法が確立されて和声語彙も飛躍的に増えるとともに,あらゆる非和声音の用法も定着した。19世紀に入ると,半音階的和声法の発展に伴って,ワーグナーの《トリスタンとイゾルデ》に代表されるような解決されない掛留や倚音の用法が盛んになるに及んで,和声音と非和声音の境界があいまいになる傾向も出てきた。これは非和声音が本来の和声音の機能を担い,それに取って代わり始めたためである。…

【ラムルー】より

…ラムルーとその演奏協会が好んで取り上げたのは,同時代者ラロ,ダンディ,シャブリエ,ショーソンらの作品であり,とりわけR.ワーグナーの音楽だった。たとえば《ローエングリン》は1887年,《トリスタンとイゾルデ》は99年,彼らによってパリ初演が行われた。ロマン・ロランは,ラムルーの指揮が〈作品の統一についてのセンスと同時に,……細部への細かい心遣いをもっていた〉ことを称えている。…

【ワーグナー】より

…これを知ってドレスデンを逃れ,チューリヒへ行き,ここに滞在した。当地における庇護者ウェーゼンドンクの妻マチルデとの遂げえざる恋愛は,《ウェーゼンドンク歌曲集》(1858),さらに楽劇《トリスタンとイゾルデ》(1859)に結晶した。この作にはそのころ熟読したショーペンハウアーの厭世的な意志と否定の哲学の影響もみられる。…

※「トリスタンとイゾルデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トリスタンとイゾルデの関連キーワードリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ビューロー(Hans von Bülow)ニルソン(Birgit Nilsson)ゴットフリートフォンシュトラスブルクエードゥアルト シュトゥッケンヴォルフガング サワリッシュトリスタンとイゾルデ(物語)ロバート・ディーン スミスヴィオレッタ ウルマーナベルリン・ドイツ・オペラクリストフ ヴァルツビルギッド ニルソンミュンヘン国立歌劇場フランソワ チェンイレーネ テオリントリスタンとイズーケビン レイノルズオペラ(舞台芸術)ウィントガッセン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリスタンとイゾルデの関連情報