コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリンコマリー トリンコマリー Trincomalee

5件 の用語解説(トリンコマリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリンコマリー
トリンコマリー
Trincomalee

スリランカ北東部の港湾都市トリンコマリー県の県都。ベンガル湾支湾のトリンコマリー湾北岸に位置。かつてタミル人の入植地であったが 17世紀ポルトガル人が占領,1622年タミル人の大寺院を破壊してその石材でフレデリック要塞を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トリンコマリー(Trincomalee)

スリランカ北東部の都市。東部州の州都。古くから天然の良港をもち、ポルトガル、オランダフランスなどに占領され、18世紀末より英国が支配し、英海軍基地が置かれた。また第二次大戦中には日本軍が空襲を行った。同国におけるタミル文化の中心地であり、ヒンズー教の聖地コネスバラム寺院がある。周辺には美しい砂浜が広がり、海岸保養地としても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トリンコマリー

スリランカ北東部,ベンガル湾側の港湾都市。天然の良港。米,ココナッツ,木材,タバコを輸出。タミル人が多い。1622年ポルトガルが領有。その後オランダ,フランスなどとの抗争後,1795年英領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トリンコマリー【Trincomalee】

スリランカ北東部の港湾都市。人口4万6000(1982)。天然の良港であるため,16世紀からポルトガル,オランダ,フランスおよびイギリスが海軍の根拠地化を進めてきた。第2次世界大戦中には,日本の海軍による攻撃も行われた。現在はスリランカ海軍の基地となっている。北部の海浜で採掘される砂はチタン鉱物を含み,日本に輸出されている。1980年に,全国民の消費量を生産できる巨大な製粉工場が建設された。近郊を自由貿易地域に指定して,輸出指向型の工業化を推進する政策が立案されたが,民族対立などの理由から実施が見送られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリンコマリー
とりんこまりー
Trincomalee

スリランカ北東部の港湾都市。セイロン島東海岸の中央部よりやや北、コッディヤル湾北側の岬に位置する。人口2万1170(2001)。10~2月に雨が多く北東季節風が吹く。漁業が盛んでとくに南西季節風が卓越する5~9月には西海岸ネゴンボから、この付近に沿岸漁業者が移住。干物などの海産加工品が特産である。市の南南西には米作地帯が広がる。内陸を横断する鉄道、国道によって西海岸のコロンボと結ばれている。古くはタミル人の支配した土地で、現在もセイロン・タミル人が多い。17世紀中ごろ以降、ポルトガル、オランダ、フランスが占領し、1795年にはイギリスが支配し、以後イギリス海軍の基地が置かれた。[吉野正敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリンコマリーの関連キーワードカンディスリランカボサソラプラタレイキャビクサルバドールフランス領ソマリランドポルトアメリアスリランカの愛と別れプエルト・バリオス

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone