コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロンヘイム トロンヘイム Trondheim

6件 の用語解説(トロンヘイムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロンヘイム
トロンヘイム
Trondheim

ノルウェー中部,セールトレネラーグ県の県都。中世ノルウェーの首都。 997年にオーラフ1世が聖堂と王宮を建設。 1016年カウパングルからニダロスに改称。全ノルウェー最初の王とされるオーラフ2世は,30年に付近の戦いで敗死し,ここに葬られたが,その遺体をめぐって数々の奇跡が伝えられ,ニダロスは重要な巡礼地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トロンヘイム(Trondheim)

ノルウェー西海岸にある都市。オスロベルゲンに次ぐ同国第3の都市で、997年、ノルウェー王オーラフ1世が創設。13世紀頃までニダロスとよばれ首都だった。中部ノルウェーの農業地帯の中心地として、また鉱産物や水産物の集散地として発展。オーラフ2世を祀(まつ)ったニダロス大聖堂や17世紀に築かれたクリスチャン要塞などがある。トロンハイム。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トロンヘイム

ノルウェー中部の都市。トロンヘイム・フィヨルド南岸に不凍港をもち,鉄鉱石,林産加工物,水産物などを輸出。996年創建。王室ゆかりの古都で,大聖堂(1075年建設)はしばしば王の即位式場となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トロンヘイム【Trondheim】

ノルウェー中部の南トレンデラーグ州の州都。人口14万4000(1996)。ノルウェー第3の都市で中部地方の中心。ニーダロス司教座がある。木材・鉱石の積出港,造船所や,木材,パルプ,機械,電子などの各種工業のほか,王立ノルウェー科学協会,工科大学教育大学,ノルデンフィエルスケ工芸博物館,トロンヘイム・トレンデラーグ民俗博物館などの施設がある。交通の要衝で,国内各地とスウェーデンに向かう鉄道の分岐点。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トロンヘイム【Trondheim】

ノルウェーの中部、大西洋に通じるトロンヘイムフィヨルドの南岸に臨む港湾都市。漁業基地。造船・冷凍加工業などが発達。不凍港。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロンヘイム
とろんへいむ
Trondheim

ノルウェー西海岸にあるセル・トレンデラークSr-Trndelag県の県都。トロンヘイムフィヨルドの南岸に発達する。オスロ、ベルゲンに次ぐ同国第三の都市で、人口15万1973(2002)。1300年ごろまでニダロスNidarosとよばれ、同国の首都であった。中部ノルウェーの農業地帯の中心地であり、後背地に産する銅や鉄の鉱石、パルプ、木材、そして魚などの積出し港でもある。[竹内清文]

歴史

997年ごろ、オーラフ1世による建設とされるが、それ以前にトレンデラーク地方の大民会エイラシングが開催されている。ビーキング(バイキング)時代の政治、商業、宗教の中心地で、オーラフ2世の聖地として発展した。大司教座設立(1152)後、12、13世紀の内乱に諸王の本拠地となる。12世紀北欧最初の大聖堂であるニダロス大聖堂の建立が始まり、1300年ごろに中世ノルウェー教会文化の最盛期を迎える。アイスランド貿易の基地でもあったが、ベルゲンのハンザ商人に圧倒され、宗教改革で大司教エンゲルブレクツソンが去って、その教会中心地としての意味も失った(1537)。北方七年戦争(1563~70)でスウェーデンに占領される(1564)が、16世紀末には木材、鉱石輸出で発展。ロスキレ条約(1658)でふたたびスウェーデンが占領し、1681年大火で中世木造建築の大半が焼失した。科学協会(1760)やノルウェー銀行本部(1816)などが設立され、19世紀以降に船舶、鉄道網が拡充する。第二次世界大戦ではドイツとイギリスの戦場となった。[荒川明久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロンヘイムの関連キーワードノルウェーノルウェージャンフォレストキャットノルゲソルヴェーグの歌ノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団ノルウェー・クローネノルウェジアン・ブーフントホーコン[7世]アーレンダール

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トロンヘイムの関連情報