コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トン税 トンゼイ

百科事典マイペディアの解説

トン税【トンぜい】

一般には外国貿易船から港湾使用の対価として徴収する一種の使用料。日本ではトン税法,特別トン税法(ともに1957年)により,入港する外国貿易船から徴収する国税で,純トン数(船舶トン数)を課税標準とする従量税

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

トンぜい【トン税】

外国貿易船が入港するとき、その船の純トン数に応じて課する税金。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

トン税の関連キーワードエドワード(3世)トン税・ポンド税屯・噸・瓲地方譲与税権利請願税金税関海関

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トン税の関連情報