トン税(読み)トンゼイ

百科事典マイペディアの解説

トン税【トンぜい】

一般には外国貿易船から港湾使用の対価として徴収する一種の使用料。日本ではトン税法,特別トン税法(ともに1957年)により,入港する外国貿易船から徴収する国税で,純トン数(船舶トン数)を課税標準とする従量税。後者による特別トン税は地方譲与税として港湾所在の地方自治体に譲与。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

トンぜい【トン税】

外国貿易船が入港するとき、その船の純トン数に応じて課する税金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android