トン税(読み)トンゼイ

百科事典マイペディアの解説

トン税【トンぜい】

一般には外国貿易船から港湾使用の対価として徴収する一種の使用料。日本ではトン税法,特別トン税法(ともに1957年)により,入港する外国貿易船から徴収する国税で,純トン数(船舶トン数)を課税標準とする従量税後者による特別トン税は地方譲与税として港湾所在の地方自治体譲与

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報