ドイツ進歩党(読み)ドイツしんぽとう(英語表記)Deutsche Fortschrittspartei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ進歩党
ドイツしんぽとう
Deutsche Fortschrittspartei

ドイツ,プロシアの政党。 1858年の選挙で多数を占めた自由派内の左派グループを中心に 61年結成。同年 12月の選挙で一挙に第1党に躍進し,予算審議権の確立を目指して,いわゆるプロシア憲法闘争の幕を切って落した。続く 62年の選挙でも議席を増し,第2党の中央左派グループとともに絶対多数をもって軍備増強予算を否決して,ここに登場したビスマルクと激しく対立し世論の支持を集めた。しかしプロシア=オーストリア戦争の勝利を機に世論は進歩党を離れ,党員のなかにもビスマルク支持者が現れ,66年ビスマルクが予算支出の「事後承諾案」を議会に提出したとき,その諾否をめぐってついに分裂,離党した一派は国民自由党を結成した。しかし少数党となったのちもビスマルクの反対派として自由主義的要求を続け,84年ビスマルクの保護関税政策に反対する国民自由党の一派を合体してドイツ自由思想家党となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のドイツ進歩党の言及

【プロイセン憲法紛争】より

…このことはプロイセン憲法体制の性格とあり方をめぐる対立へと発展した。さらに自由主義者左派グループによるドイツ進歩党Fortschrittsparteiの結成(1861)とビスマルクの首相就任(1862)は,下院と政府の対立をいっそう激化させた。この紛争は,普墺戦争の勝利によって軍備拡張の成果が示されたことによって鎮静化し,ドイツ進歩党は分裂し,ビスマルク与党の国民自由党Nationalliberale Parteiが結成された。…

※「ドイツ進歩党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android