コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥフ ドゥフ Doeff, Hendrik, Jr.

3件 の用語解説(ドゥフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥフ
ドゥフ
Doeff, Hendrik, Jr.

[生]1772.12.2. アムステルダム
[没]1835.10.19. アムステルダム
日本名道富。長崎出島のオランダ商館長。寛政 11 (1799) 年長崎に渡来,商館事情をバタビアに報告し,翌 12年商館書記として再び来日。享和3 (1803) 年商館長となる。当時ナポレオン1世オランダ併合のため日蘭貿易も途絶に瀕し,また文化5 (08) 年のイギリスフェートン号事件や同 10年 T.ラッフルズの出島オランダ商館占領の企てなどの危機に直面したが,切抜けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドゥフ(duff)

アフリカから中央アジアにかけて広く分布する円形、四角形、八角形などの薄く浅い枠に革を1枚張った枠太鼓。枠の内側に小さな鉄輪を多数つけたものもある。
[補説]アラビア語系の呼称で、ペルシア語系ではダイラ(daira)という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥフ
どぅふ
duffアラビア語

西アジア、中央アジア、南ヨーロッパ一帯や、アフリカ、南アジアラテンアメリカの一部に分布する片面枠付き太鼓の総称で、西洋のタンバリンと同種の膜鳴楽器をさす。枠は円形がほとんどで、直径25~50センチメートル、深さ5~8センチメートル程度。ヤギ皮を膜面に用いたものが多く、枠にはしばしば小型シンバルや球状の鈴などが取り付けられる。イラクシリアでは宗教的な楽器と考えられており、両手で枠を支えつつ自由な指で膜面を打つ独特な奏法がとられる。[山田陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドゥフの関連キーワードアムステルダム条約アムステルダム派ニューアムステルダムアムステルダムインターナショナルアムステルダム・バロック管弦楽団アムステルダム・フィルハーモニー管弦楽団アムステルダムマラソン福岡空港のアムステルダム便アムステルダム港アムステルダム・ロッテルダム銀行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドゥフの関連情報