コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥームズデー・ブック ドゥームズデーブック

百科事典マイペディアの解説

ドゥームズデー・ブック

1086年イングランド王ウィリアム1世が徴税の必要上作成させた土地台帳。ほぼ全国土の都市・荘園ごとに,面積市民・農民数から(すき)の数に至るまでくわしく記録されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥームズデー・ブック
どぅーむずでーぶっく
Domesday Book

1086年に、ウィリアム1世の命により、イングランド全体の封建所領を調査した土地台帳。全国を7分して調査し、ウィンチェスターに調査原簿を集めて同年末に編纂(へんさん)された。二巻よりなり、一巻はエセックス、ノーフォーク、サセックスを除く他の州についてまとめられており、二巻は上記三州に関するものである。王をはじめ、聖俗界貴族の所領について、保有者名、面積、犂隊(れいたい)数、農民数、そのほか森林、牧草地などを示す。調査目的については、徴税のためあるいは国勢把握のためなど諸説あるが、1066年と86年の時点について調査してあるため、その間の変化を示す点でも貴重な史料である。[富沢霊岸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドゥームズデー・ブックの関連キーワードマンチェスター(イギリス)ウースター(イギリス)ドームズデー・ブックウィリアム(1世)イギリス史(年表)ウィリアム[1世]ランカシャー州イギリス史ノルマン朝農奴制

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android