コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドコサヘキサエン酸 ドコサヘキサエンさん docosahexaenoic acid; DHA

6件 の用語解説(ドコサヘキサエン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドコサヘキサエン酸
ドコサヘキサエンさん
docosahexaenoic acid; DHA

高度不飽和脂肪酸の一種。イコサペンタエン酸 EPAと同様,体内で生成できない必須脂肪酸で,食物からの摂取が望ましい。特にサンマイワシマグロ,ブリ,サバなどの青魚に多く含まれる。1980年代,イギリスの栄養学者マイケル・クロフォードが,日本人の知能指数が高いのは魚を常食するためであると指摘したことから注目を集めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドコサヘキサエン‐さん【ドコサヘキサエン酸】

docosahexaenoic acid》多価不飽和脂肪酸の一種。マグロ・ブリ・サバ・サンマ・イワシなどに含まれる。動脈硬化血液凝固を防ぎ、心筋梗塞(こうそく)・脳梗塞を予防する効果がある。記憶力の向上作用もあるといわれる。DHA

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドコサヘキサエン酸【ドコサヘキサエンさん】

DHA

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ドコサヘキサエン酸

 C22H32O2 (mw328.50).

 二重結合を6個もつ多価不飽和脂肪酸イワシ油などにトリアシルグリセロールの形で存在.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ドコサヘキサエンさん【ドコサヘキサエン酸】

不飽和脂肪酸の一種で、多価不飽和脂肪酸。体内で生成できないα-リノレン酸から合成できるため、広義では必須脂肪酸。魚類全般、主にまぐろやいわしなどの青魚に多く含まれる。脳細胞に特に多く存在し、脳や神経組織の発育に重要な役割をもつほか、コレステロール値抑制、脳卒中高血圧症・動脈硬化・慢性皮膚炎などの予防・改善に効果を発揮する。◇英語の「docosahexaenoic acid」からDHAとも略称される。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ドコサヘキサエンさん【ドコサヘキサエン酸】

六個の二重結合をもつ不飽和脂肪酸。イワシ・サバ・ブリなどの魚に多く含まれ、血中コレステロールの低下や脳のはたらきを活発にする作用があるとされる。 DHA 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドコサヘキサエン酸の関連キーワード脂肪酸鰯酸不飽和脂肪酸高度不飽和長鎖脂肪酸多価不飽和脂肪酸ドコサペンタエン酸トランス不飽和脂肪酸ヒドロペルオキシ脂肪酸モノ不飽和脂肪酸脂肪酸 (fatty acid)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドコサヘキサエン酸の関連情報