ドスキン(読み)どすきん(英語表記)doeskin

翻訳|doeskin

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドスキン」の解説

ドスキン
どすきん
doeskin

紡毛織物の一種であるが、日本では梳毛(そもう)糸を用いる。ドスキンとは、その外観が雌ジカdoeの毛皮に似ていることからつけられた。一般に、メリノ羊毛の紡毛糸を用い、組織を五枚朱子(じゅす)にして織り上げたのち、染色、縮絨(しゅくじゅう)、起毛を施し、毛羽を短く剪毛(せんもう)して毛を一方に伏せ、表面を滑らかに手ざわりよくドスキン仕上げ(ビーバー仕上げともいう)する。通常、黒無地に染められる。用途は、おもに礼服、背広地、制服、婦人スーツ地などである。

[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ドスキン」の解説

ドスキン
doeskin

元来,雌じかの毛皮の意であるが,一般にはこれに似た風合いをもつ高級毛織物または類似織物をいう。5枚または8枚繻子綾織で,原料はメリノ紡毛糸または梳毛 (そもう) 糸,合繊糸。経糸を密に製織したのち,洗縮絨染色,起毛,ブラッシング,圧絨の仕上げを行い,十分に縮絨し,毳 (けば) を一方向に伏せ,美しい光沢を出す。染色は大部分が黒無地で,紳士・婦人礼服,オーバー地などに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ドスキン」の解説

ドスキン

〘名〙 (doeskin) (「雌鹿の皮」の意) 紡毛織物の一つ。雌鹿の毛皮に模したもので、斜文または朱子織。織上後縮絨を行ない、起毛の後、その毛羽を一方に伏せ、短く剪毛したもの。柔軟で光沢がある。服地、外套用。主に男子の礼服に用いられる。
※挽歌(1955‐56)〈原田康子〉「ウール、ジャージイ、ドスキンなど高価な婦人服地が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ドスキン」の解説

ドスキン【doeskin】

雌ジカの皮の意味で,本来は細番手のメリノ種羊毛を使った紡毛織物。5枚あるいは8枚の経繻子(たてしゆす)組織に製織後縮絨(しゆくじゆう)した,やや厚地深みの光沢のあるコート,制服地であるが,現在では細番手のメリノ羊毛梳毛糸(そもうし)による繻子組織の織物で,おもに黒無地の礼服地,学生服その他の制服地として多く用いられている。また同じ礼服のベネシアンvenetianやバラシアbaratheaも組織上はドスキンと同類に属するものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android