コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドチリナキリシタン 〈ポルトガル〉Doctrina Cristão

デジタル大辞泉の解説

ドチリナ‐キリシタン(〈ポルトガル〉Doctrina Cristão)

キリシタン版の一。イエズス会の宣教師たちの手に成るキリスト教教理問答書。16、7世紀の日本語の音韻語法の体系の研究上、また日本印刷文化史上貴重な資料。現存する版本は、文禄元年(1592)に天草で出版されたローマ字本および推定天正19年(1591)刊の国字本、慶長5年(1600)長崎で刊行されたローマ字本および国字本の4種類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ドチリナキリシタン【Doctrina Christão】

〔キリスト教教義の意〕
キリシタン版の一。キリスト教の教義書。師と弟子の問答形式で、教義が平易な文章で説かれている。ローマ字本と国字本とがある。1592年頃と1600年に刊行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ドチリナキリシタンの関連キーワード弟子