コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラコン ドラコンDrakōn

6件 の用語解説(ドラコンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラコン
ドラコン
Drakōn

前7世紀のギリシアアテネの伝説的立法家。前 621年従来の慣習法に基づいてアテネで最初の成文法を制定したといわれる。私的復讐に代って,犯罪を公的裁きにかけることを眼目とし,「血で書かれた」といわれるほど,はなはだ峻烈なもので,些細な罪にも死刑が科せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドラ‐コン

《driving contestの略》ゴルフで、指定されたホールで第1打の飛距離を競うもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ドラコン

アテナイの立法家。生没年不詳。前624年または前621年に訴訟手続,刑罰に関するアテナイの慣習法を初めて成文化。刑罰は苛酷で,その法は〈血で書かれた〉といわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドラコン【Drakōn】

古代アテナイの立法家。生没年不詳。前624年または前621年アテナイの慣習法をはじめて成文化した。これは貴族政末期,平民の台頭を背景として,その要求に一部こたえるものとして制定されたもので,ソロンノモイnomoi(法)と区別してテスモイthesmoi(掟)とよばれる。彼の掟は刑罰の苛酷さをもって有名で,前4世紀の弁論家デマデスによって〈血で書かれた〉と評されたほどである。そのため彼の掟はソロンによって殺人に関するもの以外は廃止されたのでわからないが,殺人に関する掟は前409年または前408年再公布された掟の碑文によって一部判明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ドラコン

ドライビング-コンテストの略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラコン
どらこん
Drakon

生没年不詳。紀元前7世紀後半のアテネの立法者。前632/631年のキロンによる僭主(せんしゅ)政樹立の失敗ののちに、前621/620(または前624/623)年、特別の任命により、それまでの法慣行を基礎とするアテネ最初の成文法を制定、公開した。裁判権を独占する貴族の解釈にゆだねられていた法を、平民をも含む市民全員のものとして明文化し、貴族による恣意(しい)的な裁判運営に歯止めを設けたものと評価されている。その特徴としては、刑罰の過酷さのみが伝えられており、殺人の法を除いて、すべての法は前6世紀の初めにソロンによって廃止された。殺人の法については、前4世紀に至るまで有効な法として受け継がれた。[前沢伸行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のドラコンの言及

【アテネ】より

…しかしこの頃すでにアテナイでも確立されていた重装歩兵制では,平民の働きに依存するところが大きかったので,貴族たちも平民の政治的要求にしだいに応じざるをえなくなった。その第一段階をなすのが前624年のドラコンの立法で,この法はそれまでの慣習法を集成し,明文化することによって,貴族による法の恣意的解釈に歯止めをかける効果をもたらした。 アテナイ民主政の成立にとり,より大きな画期をなしたのは,前594年のソロンの改革である。…

※「ドラコン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドラコンの関連情報