コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーナツ ドーナツ doughnut

翻訳|doughnut

7件 の用語解説(ドーナツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーナツ
ドーナツ
doughnut

揚げ菓子の1つ。小麦粉,砂糖,バター,鶏卵,食塩,香料,牛乳,ベーキングパウダーなどを原料として,約 160℃の油で揚げてつくる。原料の配合と製法からアメリカンドーナツ,フレンチドーナツ,またイーストを用いるイングリッシュドーナツに分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドーナツ(doughnut)

《「ドーナッツ」とも》小麦粉に砂糖・卵・牛乳・ベーキングパウダーなどをまぜてこね、輪形などにして油で揚げた洋菓子。また、油で揚げずにオーブンで焼くものもある。→焼きドーナツ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドーナツ

小麦粉を主材料としたリング形の揚げ菓子。小麦粉に牛乳,バター,卵,砂糖,ベーキングパウダー,香料を入れて練り,平らにのばして型抜きし,油で揚げて砂糖をまぶす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ドーナツ【doughnut】

洋菓子の一種。小麦粉・ベーキングパウダーやイーストなどの膨張剤・卵・砂糖・牛乳などを混ぜた生地を丸い輪の形にして揚げたもの。輪の形が多いが、棒状にしてねじったもの、まんじゅうのようにあんやクリームを中に詰めたものなどもある。◇「ドーナッツ」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドーナツ【doughnut】

揚げ菓子の一種。小麦粉にバター,卵,牛乳,砂糖,イーストまたはベーキングパウダーを加えた生地を油で揚げたもの。グラニュ糖を表面にまぶしつけることが多い。牛乳や卵の分量の多い柔らかい生地で作るものは,ソフトドーナツ呼ばれるタンパク質,脂肪に富み,カロリーの高い食品で,手軽な菓子,軽食として広く親しまれている。均一にしかも短い時間で火が通る利点のために普及したリング形のほか,丸形,ねじり形,小球状などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ドーナツ【doughnut】

〔「ドー(dough)」は練り粉の意。ドーナッツとも〕
小麦粉に砂糖・バター・卵などをまぜてこね、丸く輪にして油で揚げた菓子。 「 -型」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーナツ
どーなつ
doughnut

小麦粉に砂糖、卵、ベーキングパウダーなどを混ぜたドウdoughを型で抜き、油できつね色に揚げて、表面に砂糖をまぶしたもの。ケーキドーナツはベーキングパウダーを用いるが、そのかわりにイーストを用いるものをパンドーナツという。ドーナツは大衆向きの洋菓子で、初めは甘味を抑えてつくり、コーヒーとともに朝食に用いた。わが国では菓子として普及し、粉砂糖をまぶしたリング形のものが一般的である。ほかに棒状のロングドーナツ、縄状のロールドーナツ、餡(あん)入りドーナツ、チョコレートなどの衣をかけたものなど、変化に富んだドーナツが店頭をにぎわしている。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーナツの関連キーワードデセール麦粉煎餅さあたああんだぎいどら焼開口笑キアッキエレパイ生地ラング・ド・シャ六方焼き

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーナツの関連情報