コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーナツ doughnut

翻訳|doughnut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーナツ
doughnut

揚げ菓子の1つ。小麦粉砂糖バター鶏卵食塩香料牛乳ベーキングパウダーなどを原料として,約 160℃の油で揚げてつくる。原料の配合と製法からアメリカンドーナツ,フレンチドーナツ,またイーストを用いるイングリッシュドーナツに分けられる。いわゆる「ドーナツ形」の輪形や,穴のない丸形につくる。揚げたものにグラニュー糖チョコレートをかけたり,シュガーアイシングしたりする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドーナツ(doughnut)

《「ドーナッツ」とも》小麦粉に砂糖・卵・牛乳・ベーキングパウダーなどをまぜてこね、輪形などにして油で揚げた洋菓子。また、油で揚げずにオーブンで焼くものもある。→焼きドーナツ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ドーナツ

小麦粉を主材料としたリング形の揚げ菓子。小麦粉に牛乳,バター,卵,砂糖,ベーキングパウダー,香料を入れて練り,平らにのばして型抜きし,油で揚げて砂糖をまぶす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ドーナツ【doughnut】

洋菓子の一種。小麦粉・ベーキングパウダーやイーストなどの膨張剤・卵・砂糖・牛乳などを混ぜた生地を丸い輪の形にして揚げたもの。輪の形が多いが、棒状にしてねじったもの、まんじゅうのようにあんやクリームを中に詰めたものなどもある。◇「ドーナッツ」ともいう。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドーナツ【doughnut】

揚げ菓子の一種。小麦粉にバター,卵,牛乳,砂糖,イーストまたはベーキングパウダーを加えた生地を油で揚げたもの。グラニュ糖を表面にまぶしつけることが多い。牛乳や卵の分量の多い柔らかい生地で作るものは,ソフトドーナツと呼ばれる。タンパク質,脂肪に富み,カロリーの高い食品で,手軽な菓子,軽食として広く親しまれている。均一にしかも短い時間で火が通る利点のために普及したリング形のほか,丸形,ねじり形,小球状などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ドーナツ【doughnut】

〔「ドー(dough)」は練り粉の意。ドーナッツとも〕
小麦粉に砂糖・バター・卵などをまぜてこね、丸く輪にして油で揚げた菓子。 「 -型」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーナツ
どーなつ
doughnut

小麦粉に砂糖、卵、ベーキングパウダーなどを混ぜたドウdoughを型で抜き、油できつね色に揚げて、表面に砂糖をまぶしたもの。ケーキドーナツはベーキングパウダーを用いるが、そのかわりにイーストを用いるものをパンドーナツという。ドーナツは大衆向きの洋菓子で、初めは甘味を抑えてつくり、コーヒーとともに朝食に用いた。わが国では菓子として普及し、粉砂糖をまぶしたリング形のものが一般的である。ほかに棒状のロングドーナツ、縄状のロールドーナツ、餡(あん)入りドーナツ、チョコレートなどの衣をかけたものなど、変化に富んだドーナツが店頭をにぎわしている。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドーナツの関連キーワードポスト・イット スイーツデザインシリーズ ドーナツノートスコッチ メンディングテープ リングドーナツポスト・イット スイーツデザインシリーズスコッチ メンディングテープ ドーナツクリスピー・クリーム・ドーナツRing Ring Ring!わくわく海中水族館シードーナツふわ2ケーキをつくったよ。フルタわなげチョコレートミヤタのヤングドーナツポン・デ・ライオンドーナッツプラントハッピーキッチンはすの上ころっぴドーナツスプーンけろけろけろっぴミスタードーナツダンキンドーナツ油壺マリンパークベークドドーナツ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドーナツの関連情報