コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナチュラル natural

翻訳|natural

デジタル大辞泉の解説

ナチュラル(natural)

[名・形動]
自然であること。天然であること。飾り気や誇張のないこと。また、そのさま。「ナチュラルな素材」「ナチュラルな生き方」「ナチュラルメーク」
音楽で、変化記号を取り消し、もとの音に戻すための♮の記号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ナチュラル

1984年製作のアメリカ映画。原題《The Natural》。監督:バリー・レビンソン、出演:ロバート・レッドフォード、ロバート・デュバル、グレン・クローズ、キム・ベイシンガーほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ナチュラル【natural】

( 名 )
〘音〙 本位記号ほんいきごう
( 形動 )
自然なさま。天然のさま。 ↔ アーティフィシャル 「 -な色」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のナチュラルの言及

【変化記号】より

…基本音階(ハ長調音階つまりピアノの白鍵に相当)に含まれる音を幹音(かんおん)または本位音といい,これを半音一つまたは二つぶん変化させた音を派生音(変化音,変位音とも)という。変化記号には幹音を半音高くする嬰記号(シャープsharp ♯),半音低くする変記号(フラットflat ♭),半音二つぶん高くする重嬰記号(ダブル・シャープ ),半音二つぶん低くする重変記号(ダブル・フラット ♭♭),それに以上のすべての変化記号の効力を消して派生音を幹音に戻す本位記号(ナチュラルnatural ♮)の5種がある。 変化記号の役割には調号と臨時記号の二通りがある。…

※「ナチュラル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナチュラルの関連キーワードナチュラル・アメリカン・スピリット・メンソール・ウルトラ・ライトソフト旋律的短音階 [melodic minor scale]ナチュラル・アメリカン・スピリット・メンソール・ライトナチュラル・アメリカン・スピリット・ペリックボックスナチュラル・アメリカン・スピリット・ウルトラライトナチュラル・アメリカン・スピリット・オーガニッククラフトまるごと北海道フレッシュモッツァレラナチュラル・アメリカン・スピリット・ライトOra2 ステインクリア マウスウォッシュナチュラル・アメリカン・スピリットボックスクラフトフィラデルフィアクリームチーズ小岩井 クリーミーカマンベールチーズクラフト100%パルメザンチーズメイトー あんずのマスカルポーネメイトー いちごのマスカルポーネ雪印 とろけるナチュラルチーズ明治北海道十勝ナチュラルチーズホワイト&ホワイト ライオンペットの天然水 Vウォーター世界自然遺産の水 haya

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナチュラルの関連情報