コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナティエ ナティエ Nattier, Jean-Marc

4件 の用語解説(ナティエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナティエ
ナティエ
Nattier, Jean-Marc

[生]1685.3.17. パリ
[没]1766.11.7. パリ
フランスの画家。両親も画家。 1715年アムステルダムに行き肖像画『ピョートル1世』を描いた。その後『ポルタバの戦い』 (1715~20) など一連の歴史画でアカデミーに迎えられたが,20年以降は肖像画に専心。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナティエ

フランス・ロココの代表的肖像画家。パリ生れ。明るくみやびやかな色彩により,ディアナニンフに扮装(ふんそう)した貴婦人の肖像画を描いた。代表作は《ディアナに扮したコンデ公爵夫人》(1756年,メトロポリタン美術館蔵)など。
→関連項目ロココ美術

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナティエ【Jean‐Marc Nattier】

1685‐1766
フランスの肖像画家。パリに生まれ,15歳のときリュクサンブール宮殿ルーベンス作《マリー・ド・メディシス伝》を素描し,版画にする許しをルイ14世より得る。1717年ピョートル大帝の肖像をアムステルダムで描く。18年アカデミー会員。肖像画家としての名声を得て,肖像画,とりわけ神話風の装いや寓意をそなえた貴婦人の肖像画を得意とする。ロココ風の甘美と神話風の仕立てで〈女性美の画家〉と呼ばれた。なお兄Jean‐Baptiste Nattier(1678‐1726)は歴史画家で,12年アカデミー会員となるが,バスティーユに収監され獄死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナティエ
なてぃえ
Jean-Marc Nattier
(1685―1766)

フランスの画家。パリに生まれ、同地に没。父、叔父を画家にもち、早くからその才能をルイ14世に認められ、版画『マリ・ド・メディシス伝』を制作(1700~10)、1718年にはアカデミー会員となる。とくに肖像画に優れた彼の才能は、オルレアン家、ついでルイ15世の宮廷によって寵賞(ちょうしょう)され、『フローラに扮(ふん)したアンリエット夫人』(1742)、『マリ・レシツィンスカの肖像』(1748、ともにベルサイユ宮)など王室の肖像画を多く残した。彼はしばしば神話風の扮装で女性像を描き、その華やかさや優雅さと若干の哀愁を交えた作品群は、ルイ15世時代のロココ趣味、古典趣味を典型的に示している。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナティエの関連キーワードクルーエナントゥイユミニャールラルジリエールウルビーノ公夫妻の肖像マティスの肖像幻の肖像画ジャンヌ・サマリーの肖像サンチェス・コエリョマドラーソ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナティエの関連情報