コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルセス Narses; Narsēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルセス
Narses; Narsēs

[生]480頃.アルメニア
[没]574
ビザンチンの将軍。宦官で,皇帝親衛隊長としてユスチニアヌス1世に仕え,侍従長に昇進。 532年コンスタンチノープルで暴動発生のとき,適宜な軍事的行動と莫大な政治的賄賂によって帝位を救った。 535年エジプトに派遣され,総大主教テオドシウスの選任をめぐる紛争を収め,538年帝国財務長官となり,イタリア遠征軍長官ベリサリウスを助けるため同地に送られたが,同時にベリサリウスの動静を密告することをも命じられた。両者の不和により作戦は失敗,翌年召還された。しかし 551年バルカンに侵入したフン族などを撃退,552年には3万の軍を率いてイタリアで東ゴート人を撃滅し,554年イタリアを征服,その後 13年間イタリアを統治した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナルセス

ビザンティン帝国の将軍。アルメニア出身。ユスティニアヌス帝の宦官(かんがん)として仕え,ニカの反乱を鎮定し,東ゴート王国を征服,フランク族,アラマン族を破り,イタリアの総督となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナルセス
なるせす
Narses
(490ころ―574ころ)

東ローマ帝国の宮廷官僚、軍人。ペルシア領アルメニア出身の宦官(かんがん)であった。皇帝ユスティニアヌス1世の側近として務め、538年にはイタリアへ軍を率いて遠征したが、先発の将軍と意見があわず、翌年召還された。だが皇帝および皇妃テオドラの信任は厚かった。551年イタリア方面の最高司令官に任命され、552年、561年にゴート人に対して勝利を収める。554年にはカプア近郊の戦いでアラマン人を破り、全イタリアを屈服せしめた。ローマに居を定め、軍事・政治上の大権保有者としてイタリア全体の政治をつかさどった。また、宗教上の紛争の渦中にあってよく中立的立場を保ち続けた。567年皇帝から呼び戻され、イタリアを離れた。死後、コンスタンティノープルに手厚く葬られた。[田村 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のナルセスの言及

【ベリサリオス】より

…プロコピウスの《戦記》で戦功をたたえられる。対ペルシア戦の指揮のほか,〈ニカの反乱〉(532)で皇帝の危急を救い,とくにユスティニアヌス1世の西方再征服ではアフリカのバンダル族(533‐534),イタリアの東ゴート族(535‐540)に対する遠征軍を指揮,いったん召喚された後ナルセスNarsēs(478ころ‐573)と交代するまで対ゴート戦を続行(544‐548)した。 13~14世紀のパライオロゴス朝時代に,彼を主人公として,その生涯とは無関係にビザンティン民衆文学作品《ベリサリオスの歌》(15音節詩)が成立。…

※「ナルセス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナルセスの関連キーワードユスティニアヌス[1世]ビザンティン帝国ゴニアタイトアンモナイトベリサリオスヨハネス3世ガレリウスサルノ田村

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android