コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーグプル ナーグプルNāgpur

5件 の用語解説(ナーグプルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーグプル
ナーグプル
Nāgpur

インド西部,マハーラーシュトラ州北東部の商工業都市。ナーグ川沿岸に位置。 18世紀初期にゴンド朝の王によって建設され,中期にマラータ同盟の有力な一員ボンスレー家の支配根拠地となった。 1853年イギリス支配下に入り,インド中部におけるイギリス支配の拠点となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ナーグプル(Nagpur)

インド西部、マハラシュトラ州の都市。18世紀初頭、ゴンド王国により建設。英国統治時代は中央州の州都となった。同州東部の行政の中心で、デカン高原の交通の要地。綿織物工業が盛ん。オレンジの名産地。人口、行政区205万、都市圏213万(2001)。ナグプル。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ナーグプル

インド,マハーラーシュトラ州北東端の都市。デカン高原北部に位置し,ボンベイムンバイ)〜カルカッタコルカタ)間の交通の要地。植物油,繊維などの工業が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナーグプル【Nāgpur】

インド中央部,マハーラーシュトラ州北東端の都市。人口162万5000(1991)。インドを東西および南北に貫く幹線鉄道,道路が交差する要地。18世紀初めにゴンド族王国の首都として建設され,1748年にマラーター同盟のナーグプル王国(ボーンスレー家)の首都となった。1817年イギリスがここでマラーター同盟軍を破って中央インドの覇権を確立した(第3次マラーター戦争)。61年中央州Central Provincesの設置とともに州都となり,インド独立後も1956年までマディヤ・プラデーシュ州の州都であったが,56年の言語州再編でボンベイ州に,さらに60年マハーラーシュトラ州の新設に伴い同州に編入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナーグプル
なーぐぷる
Ngpur

インド中部、マハラシュトラ州北東部の都市。人口205万1320(2001)。18世紀にゴンド人の王によって建設され、その後もマラータ人のボーンスラ家の根拠地となった。イギリス植民地時代には中央州の州都となり、1956年の州再編成まではマディヤ・プラデシュ州の州都でもあった。そのためいまもマハラシュトラ州東部の行政中心地としての機能が高い。国の中央部に位置することもあって鉄道、道路、航空路が集まり、交通上の要地でもある。綿花や石炭の産地に近いこともあって綿織物工業が発達し、この町の経済の活性化に大きな力を発揮している。オレンジの名産地でもある。[中山晴美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナーグプルの関連情報