コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニキアス ニキアスNikias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニキアス
Nikias

前4世紀末,アレクサンドロス大王の時代からディアドコス時代にかけて活躍したギリシアの大画家。有名なエウフラノルの孫弟子で,アッチカ派の最後を飾った。大彫刻家プラクシテレスの彫刻に彩色を施して栄誉を受けたともいわれる。プリニウス (『博物誌』) などの文献のみで伝えられ,それによると色彩によって形体の輪郭を表現することを初めて試みたことになっている。フレスコやテンペラ技法のほか,ろう画を特に好んだ。作品には『ネメア』『ダナエ』『カリュプソ』『イオ』『アンドロメダ』などの女性を主題としたもののほか,『ディオニュソス』『ヒュアキントス』『ネキュオンマンティア』『アレクサンドロス大王の肖像』などがある。

ニキアス
Nikias

[生]前470頃
[没]前413. シチリア
古代ギリシア,アテネの政治家,将軍。莫大な富を有していたといわれる。ペロポネソス戦争に際して,最初の 10年間すぐれた司令官として名を揚げる一方,好戦主義に反対してスパルタとの和平締結に努力し,好戦派の指導者クレオン,スパルタの有能な将軍ブラシダスの死後,前 421年に「ニキアスの平和」を成立させた。前 415年アルキビアデスシチリア遠征計画に反対しながらも指揮者として出動し,遠征軍3人の指揮官のうちアルキビアデスは涜神事件で呼び返され,ラマコスは戦死,残ったニキアスはシラクサ攻撃にたずさわったが海戦に敗北,迷信から月食の夜,船出するのを見合せたため,退却に失敗 (前 413) ,捕えられて処刑された。シチリア遠征によって,アテネは 200隻以上の軍船,3万 5000に及ぶ乗組員,4000人のアテネ出身者を含む精鋭陸軍,および多くの資材と財貨を失い,ペロポネソス戦争の帰趨を決定し,アテネ敗退の端緒となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニキアス【Nikias】

?‐前413
古代アテナイの軍人,政治家。鉱山奴隷1000名を賃貸して商工業経営に関与するなど,ペリクレス以後に台頭した新しいタイプの政治家の一人。前427年将軍に選出されてメガラ領ミノア島を占領,翌年聖島デロスの清めを行った。前425年スパルタ軍をピュロス湾内のスファクテリア島に包囲したが,勝利を決定できないまま政敵クレオンの痛烈な批判を許し,彼に指揮権を譲って名を成さしめた。クレオンの死後,前421年にスパルタとの間に五十年和約(いわゆる〈ニキアスの平和〉)を締結したのもつかのま,アルキビアデス一派の西方拡大政策に引きずられて前415年,不本意ながら将軍の一人としてシチリア遠征に参加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニキアス
にきあす
Nikias
(前470ころ―前413)

古代ギリシアの政治家、将軍。アテネの穏健派の富裕者で、クレオンら好戦的な極端民主派と対立した。ペロポネソス戦争においてスパルタとの和平を望み、紀元前421年、「ニキアスの平和」とよばれる休戦条約を結んだ。しかし前415年、彼の反対にもかかわらず、シチリア遠征が決議され、彼も指揮官の1人に選ばれた。前413年、シラクーザ攻囲戦に敗れ、優柔不断な指揮から退却にも失敗、投降して処刑された。[篠崎三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニキアスの関連キーワードデモステネス(将軍)ギリシア詞華集デモステネスアギス2世神聖戦争ラケス明暗法

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニキアスの関連情報