コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラエフスクナアムーレ Nikolaevsk-na-Amure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコラエフスクナアムーレ
Nikolaevsk-na-Amure

ロシア東部,ハバロフスク地方の都市。アムール川河口の三角江の北岸にある港湾都市。 1850年軍事拠点として建設され,1870年代まで沿海州の行政中心地として,またロシアの太平洋への門戸として発展したが,その後ウラジオストクソビエツカヤガバンが発展するにつれて衰退。現在,サハリンやオホーツク海沿岸から運ばれる物資の積替え地であり,船舶修理,製材,食肉加工,煉瓦などの工業がある。日本のシベリア出兵時,1920年5月に尼港事件が起ったところとして知られている。人口3万 6500 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ニコラエフスクナアムーレ【Nikolaevsk-na-Amure】

ロシア連邦、アムール川の河口近くの河港都市。水産加工業が発達。1920年の尼港にこう事件で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ニコラエフスクナアムーレの関連キーワードロシア連邦水産加工業

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android