コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニザーム・アルムルク ニザームアルムルク

2件 の用語解説(ニザーム・アルムルクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニザーム・アルムルク

セルジューク朝第2代,第3代スルタンの執政。政治の実権を握って改革を進め,王朝の黄金時代を形成した。ニザーミーヤ学院を創設してウラマー(宗教学者)の育成にあたるなど宗教・文化の発展に寄与した。
→関連項目マリク・シャー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニザーム・アルムルク
にざーむあるむるく
Nim al-Mulk
(1018―1092)

ペルシア人の政治家。ホラサーントゥース近くの町の地主の家に生まれる。初めガズナ朝のホラサーン総督に任え、次にセルジューク朝チャグリー・ベクの下に転じ、アルプ・アルスラーンマリク・シャーの2代のスルタンの宰相となった。両スルタンの実質上のアター・ベク(君主の子息の養育にあたった者の称号)の役割を務め、自ら私兵を擁して政治の実権を握った。ニザーミーヤ学院を開設して、国家宗教としてのスンニー派イスラムの擁護にあたり、イクター制、軍制の整備など、多くの改革を行った。
 彼の著した『スィヤーサト・ナーメ(政治の書)』は、君主に対して統治理念を説いたもので、ペルシア語散文学の傑作であり、史料としても重要である。彼は1092年、イスファハーンからバグダードへの旅の途中で、イスマーイール派の刺客によって暗殺されたが、その後、半世紀にわたって、その子孫も「~アルムルク」という名で、宰相などの要職についた。[清水宏祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニザーム・アルムルクの関連キーワードスルタンセルジューク朝バイバルスハルジー朝ゴルジュマリクシャーセルジュークトルコツグルク朝アップルジュースフルタン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone