ニッケルカドミウム電池(読み)にっけるかどみうむでんち

デジタル大辞泉の解説

ニッケルカドミウム‐でんち【ニッケルカドミウム電池】

正極水酸化ニッケル負極カドミウム電解液水酸化カリウムを用いたアルカリ蓄電池。繰り返し充電・放電ができるのが特徴。ニッケルカドミウム蓄電池。ニッカド電池。ニカド電池。NiCd電池。カドニカ電池ユングナー電池
[補説]ニッカド電池、カドニカ電池の名称はそれぞれ商標名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ニッケルカドミウムでんち【ニッケルカドミウム電池】

オキシ水酸化ニッケルを陽極、カドミウムを陰極、水酸化カリウム溶液を電解液とする蓄電池。代表的なアルカリ電池。再充電できる。ニッカド電池。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android