コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッケル-カドミウム電池 ニッケルカドミウムでんちnickel cadmium battery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニッケル-カドミウム電池
ニッケルカドミウムでんち
nickel cadmium battery

陽極に水酸化ニッケル,陰極にカドミウムを用いた水酸化カリウム溶液を電解液とするアルカリ蓄電池で,定格電圧は 1.2V。 1899年 V.ユングナーにより発明されたのでユングナー電池ともいう。鉛蓄電池に比べて軽量で振動に耐え,過充電が可能であり,過放電しても故障がないなど,多くの長所をもつ。また,焼結式電極などを用いて完全密閉にしたものが充電可能な小型電池としてポータブル電動工具,玩具,安全灯などの電源に使われているが,公害対策のため,先進国では陰極を水素吸蔵合金に置き換えたニッケル-水素電池へ移行しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニッケル-カドミウム電池の関連キーワードカドミウム蓄電池ニッカド電池ノチール号ストロボ