コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニヤラ Nyala

翻訳|Nyala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニヤラ
Nyala

スーダン南西部にある都市。紅海に臨むポートスーダンに通じる鉄道の終点。畜産物アラビアゴムなどの集散地。北東にあるファーシルとは道路で連絡し,東西南北への道路の分岐点として重要な位置にある。衣料,食品,革製品などの工業がある。人口 49万2984(2008)。

ニヤラ
Tragelaphus angasi; nyala

偶蹄目ウシ科。体高 1.1m,体重 120kgぐらいの大型のアンテロープ。雄は 70cmをこえる角をもつ。雌雄体色が異なり,雄は黒灰色で白い縞をもち,頸から背中,喉から腹部にかけて黒いたてがみのような長毛をもつ。雌は赤茶色で,白い縞は雄ほど顕著でなく,たてがみもない。単独,あるいは雌親とその幼獣と1頭または2頭以上の雄から成る小群で生活する。性質は臆病で,おもに夜間活動する。アフリカ南部に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニヤラの関連キーワードマニャーラ湖国立公園マニャーラ湖ダルフル州

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android