コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニワフジ

2件 の用語解説(ニワフジの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニワフジ

本州(中部・近畿)〜九州,東アジアの河岸などにはえ,また寺院などの石垣に植えられるマメ科の落葉小低木。茎は草質で高さ50cm内外。葉は奇数羽状複葉で,小葉は7〜11枚,長さ3〜4cm,長楕円形で,下面は白みがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニワフジ
にわふじ / 庭藤
[学]Indigofera decora Lindl.

マメ科の落葉小低木。別名イワフジ。葉は奇数羽状複葉で、小葉は9~11枚つき、狭卵形で長さ3~4センチメートル、質が薄く、裏面は白色を帯びる。5~6月、長さ10~20センチメートルの総状花序をなして、紅紫色の蝶形花(ちょうけいか)を開く。中部地方以西の本州、四国、九州の川岸、および中国に分布。広く庭に植えられる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニワフジの関連キーワードアケビツワブキ汎アジア主義東アジアヨモギ小アジアアジアダラーアジアンポップス東アジア首脳会議EAG

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone