コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニワフジ

百科事典マイペディアの解説

ニワフジ

本州(中部近畿)〜九州,東アジア河岸などにはえ,また寺院などの石垣に植えられるマメ科の落葉小低木。茎は草質で高さ50cm内外。葉は奇数羽状複葉で,小葉は7〜11枚,長さ3〜4cm,長楕円形で,下面白みがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニワフジ
にわふじ / 庭藤
[学]Indigofera decora Lindl.

マメ科の落葉小低木。別名イワフジ。葉は奇数羽状複葉で、小葉は9~11枚つき、狭卵形で長さ3~4センチメートル、質が薄く、裏面は白色を帯びる。5~6月、長さ10~20センチメートルの総状花序をなして、紅紫色の蝶形花(ちょうけいか)を開く。中部地方以西の本州、四国、九州の川岸、および中国に分布。広く庭に植えられる。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニワフジの関連キーワード以波布知小林義雄高麗庭藤芫花岩藤本州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android