コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズ Juniperus rigida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネズ
Juniperus rigida

ヒノキ科の常緑低木または高木。ネズミサシともいう。本州中部以西,四国,九州,朝鮮半島,中国北部に分布。丘陵山地などの日当りのよいやせ地に生える。高さ2~3m程度のものが多いが,まれには 20mにも達するものもある。大木の小枝はよく垂れ下がる。葉は鋭針形で3枚輪生。長さ 1.5cmほどで上面の中央に縦の溝がある。雌雄異株。4月頃開花する。果実球形で径5~8mm。材は木理が緻密で光沢があり,建築,器具,彫刻などに利用される。庭木盆栽にもされる。果実は利尿剤リウマチに効がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ネズ

ネズミサシとも。ヒノキ科の常緑低木〜小高木。本州〜九州,東アジアの乾燥した日当りの良い山地にはえる。葉は3本ずつ輪生し,針状でかたく先は鋭くとがる。雌雄異株。4月開花。
→関連項目ジンハイネズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネズ【needle juniper】

暖地にみられるヒノキ科の常緑小高木で,針葉の先が硬くとがり,触れると痛いのでネズミサシともいう(イラスト)。古名はムロ。高さ3~10m,直径30cmに達し,幹の樹皮は灰褐色で薄くはげる。小枝は先が垂れる。針葉は3輪生し,基部に関節がある。雌雄異株で,4月前年枝の葉腋(ようえき)にそれぞれ楕円形の雄花,球形の雌花を単生する。翌年の秋に径1cmほどの球形で黒紫色ないし褐色の肉質の果実を結び,中に3個の種子を包む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネズ
ねず
[学]Juniperus rigida Sieb. et Zucc.

ヒノキ科の常緑低木または高木。ネズミサシ(鼠刺し)ともいう。大きいものは高さ20メートル、径1メートルに達する。大木の小枝はよく垂れ下がる。樹皮は灰赤褐色。葉は針状で細長く、触ると痛い。雌雄異株。4月、雌・雄花とも前年枝の葉腋(ようえき)に1個ずつ開く。雄花は楕円(だえん)形、緑色の鱗片(りんぺん)の中に2個の葯(やく)があり、黄色の花粉を出す。雌花は卵円形で質が厚く、心皮は緑色で3枚、おのおの2個の胚珠(はいしゅ)がある。果実は球形で厚肉質、翌年または翌々年の10月ころ紫黒色に熟す。種子は2、3個あり、卵形で淡褐色。山地や丘陵の日当りのよいやせ地に生え、しばしば群生する。本州から九州、および朝鮮半島、中国北部、東北部、ウスリーに広く分布。瀬戸内地方には野生が多い。庭木や盆栽にする。材は木目が緻密(ちみつ)で堅く光沢があり、建築、土木、器具、彫刻などに利用する。[林 弥栄]

文化史

ネズの名はネズミサシに由来し、ネズミの出没する穴や通路にその針状の葉を置き、防いだことからついた。盆栽などでは杜松(としょう)とよばれる。
 ジンの香りづけに使うネズは別種のセイヨウトショウJ. communis L.のことで、日本にはその変種とされるリシリビャクシンJ. c. var. saxatilis PallasやミヤマネズJ. c. var. nipponica (Maxim.) Wilsonなどが分布する。果実は甘い香りがある。その香りは地域によって差があり、イタリア、ハンガリー、南スラブ(旧ユーゴスラビア)諸国、チェコ、スロバキアなどの高山が主産地である。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ネズの関連キーワードアカボシビョウキン(赤星病菌)トウキョウトガリネズミホンシュウトガリネズミビャクシン(柏槇)ザウアークラウトジュニパーベリー陸中海岸国立公園ヒノキ樹脂胴枯病ネズ・パース族シチロウネズミトウネズミモチホイットマントロス山脈ノドクサリラクダザメ谷崎 松子スピリッツミヤマネズマイネズミタマツバキ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネズの関連情報