コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネルウァ Nerva, Marcus Cocceius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネルウァ
Nerva, Marcus Cocceius

[生]30
[没]98.1.
ローマ皇帝 (在位 96~98) 。五賢帝の一人。2度執政官 (コンスル ) となる。ドミチアヌス帝の暗殺後,その家柄と穏健さを買われて元老院に迎えられ,老齢で即位。先帝の恐怖政治時代から一転して,追放者を呼戻し,没収財産を返却した。元老院と協調し,祭儀を縮小,植民市 (コロニア ) ,道路,水道の建設,貧民への土地,食糧の配分,経済的負担の軽減などの政策を進め,これらは彼の養子とされたトラヤヌス,次いでハドリアヌスらに引継がれた。反乱の首謀者やキリスト教徒に対しても寛大であった。トラヤヌスを養子に定めてから3ヵ月後に急死し,アウグスツス帝の墓地に葬られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ネルウァ

ローマ皇帝(在位96年―98年)。ドミティアヌス帝暗殺後,元老院に推されて即位し,元老院と協調して前帝の悪政による混乱を克服した。トラヤヌスを養子,帝位後継者として,五賢帝時代を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネルウァ【Marcus Cocceius Nerva】

30ころ‐98
いわゆる五賢帝時代の最初のローマ皇帝。在位96‐98年。同名の法学者の孫。彼自身法学者としても名高く,2度コンスル(執政官)を務めた。96年9月ドミティアヌス帝暗殺後,元老院に推挙されて皇帝に就任。その在位期間は短かったが,前帝の恐怖政治による混乱と浪費による財政難を克服して,貧農への土地割当て,穀物配給制や水道の整備などを行い,対外関係でもおおむね平和を保ち,続く2世紀のローマの繁栄への道を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネルウァ
ねるうぁ
Marcus Cocceius Nerva
(30―98)

ローマ皇帝(在位96~98)。五賢帝の最初の皇帝。イタリアのナルニア(現ナルニ)に法学者の子として生まれる。71年、90年の二度にわたりコンスル(執政官)に就任した。恐怖政治を行っていたドミティアヌス帝が96年9月に暗殺されると、66歳という高齢でしかも病気であったにもかかわらず、新皇帝に擁立され、元老院の承認を受けた。貧農を保護するとともに、ローマ市における穀物分配や水道の整備にも配慮した。しかし軍隊の支持を欠き、老齢で子供もなかったので、97年9月に当時上ゲルマニア州総督であった勇将トラヤヌスを養子として後継者に指名し、五賢帝時代の帝位継承法の先例を開いた。翌年1月25日にローマで永眠した。[市川雅俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネルウァの言及

【五賢帝】より

…1世紀末以後の約80年間(96‐180)におけるローマ帝国全盛期に,治政に優れた才能を示した相継ぐ5人の皇帝の総称。フラウィウス朝の最後の皇帝ドミティアヌスが恐怖政治を敷き,元老院を軽視したことから,元老院議員によって暗殺されると,名門の元老院議員ネルウァが皇帝に推挙された。以後,皇帝は最善の人が統治者たるべきであるとするストア哲学の考えに従って後継者を選び,その者を養子とした。…

【ローマ】より

…しかしドミティアヌスの専制的傾向はストア学派などの哲学者の批判を呼び,元老院と対立し,密告と反逆罪処刑との連続という恐怖政治の中で暗殺された。 そのあと老齢のネルウァが元老院に推されて帝位に就いた。この登極の経緯から彼は軍隊の統制に難渋したため,後継帝として兵士出身のトラヤヌスを指名し,養子として採用した。…

※「ネルウァ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネルウァの関連キーワードアンミアヌス・マルケリヌスマルグリット・ド・ナバールアンミアヌス・マルケリヌスディオン・クリソストモスヒストリア・アウグスタウェルギニウス・ルフス総合年表(ヨーロッパ)農事法[古代ローマ]ローマ史(年表)元老院(西洋)アントニヌス朝カンピドリオタキトゥスグリチウス11月8日クラッススローマ神話タキツスグレウムクイクル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android