コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネンブツダイ ネンブツダイApogon semilineatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネンブツダイ
Apogon semilineatus

スズキ目テンジクダイ科の海水魚。体長 12cm内外。体はやや長く,側扁する。眼は大きい。口も大きく,下顎がわずかに突き出ている。鱗は大きく薄い。体は灰色でやや赤黄色を帯び,尾柄に黒いはっきりした斑点が1個ある。また吻端より眼を通って鰓孔に達する黒帯と,それに平行して上方にもう1本の黒帯がある。夏季に産卵し,雄 (まれに雌) が卵塊を口の中に入れて保護する。本州中部以南に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネンブツダイ
ねんぶつだい / 念仏鯛
Indian little perch
[学]Apogon semilineatus

硬骨魚綱スズキ目テンジクダイ科に属する海水魚。本州中部以南、台湾、中国、フィリピンなどに分布し、内湾から水深100メートルの砂泥底に群れをつくってすむ。全長15センチメートルに達し、体は長楕円(ちょうだえん)形で側扁(そくへん)し、目や口が大きい。体色は桃赤色で、上顎(じょうがく)先端から目を通り鰓蓋(さいがい)後端に達する黒色線と、その上方を平行に走り、第2背びれの後方基部下に達する黒色線がある。また、尾柄(びへい)の基部に黒色の円点がある。産卵期は7~9月で、産み出された卵は粘着性の糸で互いに連なり、これを普通、雄が口にくわえ、孵化(ふか)するまで保護する習性がある。小形の魚のため食用としての価値は少ない。[片山正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ネンブツダイの関連情報