コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイバラ

3件 の用語解説(ノイバラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ノイバラ

ノバラとも。北海道〜九州の山野に多いバラ科の落葉低木。枝にはとげがある。葉は楕円形の小葉7〜9枚からなる羽状複葉で,葉柄,葉の裏面には軟毛がある。晩春,短枝の頂に径約2cm,白色5弁の花を円錐状に多数つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノイバラ【Rosa multiflora Thunb.】

北海道から九州までの野原,川原,山すそなどに見られるバラ科の落葉低木で,最も普通な野生のバラ(イラスト)。茎はよく枝分れをして,直立または斜上し,ときにつる状になり,とげがある。葉は互生し,羽状複葉。小葉は7~9枚,卵形または長楕円形で,長さ2~5cm。花は5~6月ごろ,茎頂に円錐花序をなして咲き,花冠は径2cm内外,花弁は心臓形または倒卵形で,普通は白いが,ときに淡紅色のこともある。おしべは多数,果実(偽果)は球形で,秋から冬にかけて赤く熟する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノイバラ
のいばら

バラ科バラ属Rosaのノバラと同意義であるが、とくにRosa multiflora Thunb.、R. polyantha Sieb. et Zucc.、R. intermedia Carr.、R. wichurae Koch.、R. multiflora Thunb. var. calva Fr. et Sav.、R. multiflora Thunb. var. adenophora Fr. et Sav.をノイバラと通称している。日本、朝鮮半島、台湾に自生する。川沿いや湿地に多いが、耐暑性、耐寒性が強く、乾燥にも強いので、至る所に生える。
 落葉低木で、枝は直立または半直立であるが、他物に寄りかかり、よじ登る習性がある。刺(とげ)はやや鉤(かぎ)形でひっかかる。まれに刺のないものもある。葉は羽状複葉で、5~9枚の小葉よりなり、先頭の小葉はかならずやや大きい。小葉の形は倒卵状長楕円(ちょうだえん)形で先は急にとがり、長さ1.5~5センチメートル、鋸歯(きょし)ははっきりしている。托葉(たくよう)は葉柄に合着して耳角があり、縁片に腺毛(せんもう)があり支裂や分裂が激しいものがある。葉面は半光沢から無光沢であるが、北海道、東北地方の日本海側には光沢のあるものがある。下面と葉軸には絨毛(じゅうもう)がある。小花柄は長さ1~1.5センチメートル。花序の軸、花柄、小花柄、萼(がく)に軟毛、絨毛、腺毛がある。花は5~6月、円錐(えんすい)花序に多数つく。白色で、花径2~3センチメートル、花弁は5枚、凹頭の倒卵形である。雄しべは多数、葯(やく)は黄色、花柱は有毛である。果実は球形で径0.7~1センチメートル、秋に赤く熟す。染色体数は2n=14で、野生種には倍数体はないようである。古生物としては兵庫県明石(あかし)から三木茂が1936年(昭和11)9月に発表した標本があり、鮮新世のものとされている。ノイバラには刺がある植物という意味を含めて、シロイバラ、アガリグイ、アオグイ、グイ、カタラ、シロイチ、コモチイバラ、サンヤニンドウ、シロバラ、ニンドウイバラ、オンナイバラ、ヨメグイなど別称が多い。このグイとは刺のことである。[鈴木省三]

薬用

なかば赤くなった未熟果実(偽果)の乾燥したものを漢方では営実(えいじつ)、薔薇子(しょうびし)と称する(局方名ではエイジツ)。日本では瀉下(しゃげ)、利尿剤として便秘、浮腫(ふしゅ)の治療に用いているが、中国では利尿、解熱、解毒剤として浮腫、小便不利、腫(は)れ物などの治療に用いる。テリハノイバラR. wichuraiana Crep.の偽果も同様に用いる。なお、中国では偽果以外に花、葉、枝、根も薬用とする。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のノイバラの言及

【バラ(薔薇)】より

…瘦果(そうか)は肉質の花床に包まれる。北半球の亜寒帯から熱帯山地にかけて分布し,日本にはノイバラ,テリハノイバラ,ヤマイバラ,タカネバラ,サンショウバラ,ナニワイバラ,ハマナス(イラスト)など十数種が野生する。
[昔の園芸種とその原種]
 ギリシア・ローマ時代には,西アジアからヨーロッパ域の野生バラや,それの自然交雑と推定される花の目だつ変り物がよく栽培されていた。…

※「ノイバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノイバラの関連キーワードオオムラサキ熊鷹森薊兜虫生研センター、中央農研東北社会人サッカーリーグ1部葉枯病(オーチャードグラス)センチュリーメディカルエフエペノジェス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノイバラの関連情報