コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノクターン nocturne

翻訳|nocturne

百科事典マイペディアの解説

ノクターン

夜想曲ともいう。アイルランドのピアノ奏者ジョン・フィールド〔1782-1837〕が創始し,ショパンがそのピアノ曲で完成の域に高めた。一般に,夢想的・瞑想(めいそう)的な性格のゆっくりとしたテンポの曲種で,特に形式上の約束事はない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ノクターン

米国の作家エド・マクベインの警察小説(1997)。原題《Nocturne》。「87分署」シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノクターン【nocturne】

普通は静かで暝想的な性格の,夜を暗示する楽曲で,〈夜想曲〉と訳されることもある。ピアノ独奏用ノクターンは,1810年代にアイルランド出身のピアニスト,フィールドJohn Field(1782‐1837)が創始し,ショパンがその頂点を形づくったロマンティックな夜の気分を特徴とするキャラクター・ピースである。分散和音的な伴奏をもつ旋律が二つ以上対照される明快な形式をとるのが普通で,3部形式などのリート形式,小規模なロンド形式のものが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ノクターン【nocturne】

主としてロマン派時代のピアノのための性格小曲。静かな夜の気分をあらわす抒情的なもの。創始者は一九世紀の作曲家フィールドといわれ、ショパンが多くの名曲を残した。夜想曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノクターン
のくたーん
nocturne 英語 フランス語

夜を思わせる瞑想(めいそう)的な雰囲気をもつ、ロマン派の楽曲の表題。おもにピアノ曲で用いられ、夜想曲とも訳される。1912年から出版され始めたJ・フィールドJohn Field(1782―1837)の19曲が最初といわれる。彼の作品では、当時新しく登場したダンパー・ペダルの機能を利用して、左手が広い音域にわたる分散和音の伴奏型を奏し、その上で右手が、イタリア・オペラのように細やかに飾られた優雅な旋律を歌う。このような書法は、ショパンの21の作品にも当てはまる。しかし、ショパンは、中央に劇的な部分を挿入することによって緊張感を与え、ピアノの表現力をさらに高めた。ショパン以後も、フォーレからサティに至るフランスの作曲家、チャイコフスキーをはじめとするロシアの作曲家、さらにはバルトークまで、ノクターンの人気は衰えず、作品例も多い。なお、オーケストラ曲としては、メンデルスゾーンの付随音楽『真夏の夜の夢』(1842)の第七曲、ドビュッシーの三楽章よりなる『夜想曲(ノクチュルヌ)』(1897~99)などがある。[関根敏子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノクターンの言及

【フィールド】より

…1803年ロシアに移住してから,独自の奏法を築き上げ,19世紀初めのピアノ音楽全盛期を代表する一人となった。ピアノによる抒情的表現を図り,ノクターンという曲種をつくり,ロマン主義時代の器楽の小品を豊かなものとし,ショパンの先駆者となった。【佐藤 允彦】。…

※「ノクターン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ノクターンの関連キーワードローゼンブラット:鉄腕アトムの主題によるファンタジー/piano soloヴォルフ, エドゥアール:3つの無言歌/piano soloショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調/piano soloショパン:スケルツォ第3番 嬰ハ短調/piano soloショパン:3つのノクターン Op.9/piano soloチュルニョーニス:2つの小品 作品4/piano soloショパン:バラード第3番 変イ長調/piano soloショパン:スケルツォ第1番 ロ短調/piano soloショパン:スケルツォ第4番 ホ長調/piano soloショパン:プレリュード 嬰ハ短調/piano soloショパン:バラード第1番 ト短調/piano soloショパン:バラード第2番 ヘ長調/piano soloリスト:愛の夢ショパン:バラード第4番 ヘ短調/piano soloフランク・アーサー スウイナートンウラディーミル フェルツマンボージン・アンド・バークスピョートル ペルコウスキジェームズ エルロイディベルティメント

ノクターンの関連情報