ノザワナ(野沢菜)(読み)ノザワナ

百科事典マイペディアの解説

ノザワナ(野沢菜)【ノザワナ】

アブラナ科の一〜二年生野菜。カブに近縁根出葉は大きく,寒くなるにつれて品質のよい菜を収穫できる。おもに長野県で栽培され冬の漬物として著名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノザワナ【ノザワナ(野沢菜) Brassica campestris L.var.hakabura】

アブラナ科の一・二年草。長野県の特産野菜で,漬物として独特の風味が好まれる。約200年前に野沢温泉村の健命寺の住職が京都に遊学のおり,〈天王寺カブ〉の種子を持ち帰り,それを寺内にまいたのが始まりといわれ,当時のものは小型であったが,その後,長年の間に変異して現在のものができ上がった。根が肥大しないカブ(カブナ)で,草丈は1mくらいにもなり,直立性で葉柄が長く,葉形は長円形で葉のふちには刻みがある。地下部のカブのふくらみはあまり大きくならず,上部は紫紅色になるが,下部は白色である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のノザワナ(野沢菜)の言及

【漬菜】より

…そのような両用の利用から油料専用の作物としてアブラナ(ナタネ)が育成される一方,野菜専用の作物として多数のアブラナ類の品種群が東アジアで選択されてきた。それらはカブやハクサイ類,さらにはカブに近縁なハカブラ(ノザワナ(イラスト)),ヒノナ(イラスト),スグキナ,コマツナ(イラスト)などと,アブラナに近縁なハタケナ,マナなど,あるいは独特の形態と特性をもつミズナ(キョウナ(イラスト)),タイサイ(シャクシナ)などである。 このように漬菜の起源にはアブラナ(ナタネ)が密接な関係をもつが,アジアでその分化がみられるところから,シンスカヤE.N.Sinskaja(1928)はアジアを原産地域としている。…

【漬物】より

…小ダイのササ漬は三枚におろした小ダイを酢漬にしたもので,若狭の名物である。長野県ではカブの1変種であるノザワナの塩漬やヤマゴボウのみそ漬が知られる。太平洋側では静岡県のワサビ漬,愛知県の守口漬,岐阜県には品(しな)漬がある。…

【野沢温泉[村]】より

…日本スキー博物館などの観光施設の整備等もすすめられ,民宿も多い。野沢菜漬で知られるノザワナの原産地で,健命寺には寺種としてその原種が栽培されている。周辺の集落では米作のほか,エノキタケ,トマト,キュウリなども生産される。…

※「ノザワナ(野沢菜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android