ハイダル・アリー(英語表記)Ḥaidar `Alī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイダル・アリー
Ḥaidar `Alī

[生]1722
[没]1782
南インド,マイソール王国の支配者 (在位 1759~82) 。ヒンドゥー王朝から支配権を奪い,マイソールにイスラム政権を樹立した。当時デカン高原と南インドではマラータ王国ハイデラバード王国などのインド諸勢力やイギリスフランスが入り乱れて戦闘を続け,混乱状態にあったが,彼はイギリスを最大の敵と考え,他のインド諸勢力やフランスと結んで,2回にわたりこれと戦った (→マイソール戦争 ) 。しかし,第2次戦争の最中に死に,その子ティプ・スルターンが跡を継いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイダル・アリー
はいだるありー
Haidar Ali
(1722―1782)

インド、マイソール王国の支配者。領主の雇われ武士の子として生まれ、マイソール軍の騎兵となり、戦時の功績で頭角を現した。王家の実力者デバラージ・ライに登用され、ついに1761年、旧来のヒンドゥー王国を簒奪(さんだつ)、実質的な支配者となった。王国の領土拡大、近代ヨーロッパ兵法・兵器の導入などに手腕を発揮し、近隣諸国のマラータ、ハイデラバードや、イギリス東インド会社からも恐れられた。当時はイギリスによる植民地侵略の最盛期でもあり、だれもが現実的打算から強力なイギリスとの連合を望むなかで、彼は1人その侵略の戦いに抵抗し続け(第一次、第二次マイソール戦争)、意なかばにして病没し、息子ティープー・スルタンにすべてが託された。[上條安規子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android