コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイダル・アリー ハイダル・アリー Ḥaidar `Alī

2件 の用語解説(ハイダル・アリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイダル・アリー
ハイダル・アリー
Ḥaidar `Alī

[生]1722
[没]1782
インドマイソール王国の支配者 (在位 1759~82) 。ヒンドゥー王朝から支配権を奪い,マイソールイスラム政権を樹立した。当時デカン高原と南インドではマラータ王国ハイデラバード王国などのインド諸勢力やイギリスフランスが入り乱れて戦闘を続け,混乱状態にあったが,彼はイギリスを最大の敵と考え,他のインド諸勢力やフランスと結んで,2回にわたりこれと戦った (→マイソール戦争 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイダル・アリー
はいだるありー
Haidar Ali
(1722―1782)

インド、マイソール王国の支配者。領主の雇われ武士の子として生まれ、マイソール軍の騎兵となり、戦時の功績で頭角を現した。王家の実力者デバラージ・ライに登用され、ついに1761年、旧来のヒンドゥー王国を簒奪(さんだつ)、実質的な支配者となった。王国の領土拡大、近代ヨーロッパ兵法・兵器の導入などに手腕を発揮し、近隣諸国のマラータ、ハイデラバードや、イギリス東インド会社からも恐れられた。当時はイギリスによる植民地侵略の最盛期でもあり、だれもが現実的打算から強力なイギリスとの連合を望むなかで、彼は1人その侵略の戦いに抵抗し続け(第一次、第二次マイソール戦争)、意なかばにして病没し、息子ティープー・スルタンにすべてが託された。[上條安規子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイダル・アリーの関連キーワード階乗NエヌN末端残基Bel Geddes,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone