ハクチョウゲ(白丁花)(読み)ハクチョウゲ(英語表記)Serissa japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハクチョウゲ(白丁花)
ハクチョウゲ
Serissa japonica

アカネ科の常緑小低木で,アジア大陸の東部台湾に自生し,日本では古くから観賞用または生垣用として栽培される。高さ 1mぐらいになり多数の枝を密生する。葉は対生し,狭い楕円形で長さ約 2cmあり縁は全縁である。初夏に,白色淡紫色の花を葉腋につける。花は長さ 1cm前後の漏斗状で上部は5裂し,内面に細毛がある。園芸品には八重咲きのものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハクチョウゲ(白丁花)【ハクチョウゲ】

中国原産のアカネ科の常緑小低木。庭木として植栽され,寒地では落葉するが刈込みに強いので,生垣や花壇の縁植えに用いられる。長さ2cmほどの狭楕円形の葉を対生。葉に覆輪の斑(ふ)の入るものもある。花は6〜7月に葉腋につき,先の5裂した長さ1cm前後の漏斗(ろうと)状で,白または淡紫色。二重咲,八重咲の品種もある。類品のダンチョウゲは節間がつまり,長さ1cm以下の葉を密につける。ともにさし木でふやす。
→関連項目シチョウゲ(紫丁花)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハクチョウゲ【ハクチョウゲ(白丁花) Serissa japonica (Thunb.) Thunb.(=S.foetida Comm.)】

アカネ科の常緑低木で,中国原産(イラスト)。日本や中国で古くから観賞用に栽培された。和名は花が白く,その形がチョウジに似ることによる。高さ0.5~1m。よく分枝し,刈込みに耐えるので,形を整えて生垣とすることが多い。葉はやや厚く,楕円形で,長さ0.5~3cm。花は5~7月に咲く。下位子房は長さ1mm,2室で各室に一つの胚珠が基生する。花冠は漏斗状で,長さ1cm,白色で外側は淡紫色をおびる。長花柱花と短花柱花がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android