ハクチョウゲ(読み)はくちょうげ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハクチョウゲ
はくちょうげ / 白丁花
[学]Serissa japonica Thunb.

アカネ科の半落葉低木。中国、インドシナ、タイ原産。株立ち状になり、高さ1~1.5メートル。若枝は2列に短毛があり、暗紫色。葉は対生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ1~2.5センチメートル、全縁で両端はとがる。托葉(たくよう)は合生し、3本の刺毛がある。6~7月、葉腋(ようえき)に小さな丁字咲きの白色花を開く。花冠は漏斗(ろうと)状で長さ1.2センチメートル、先端は5裂し、裂片はさらに浅く3裂する。内面に長毛がある。花柱が雄しべより長い花と、短い花とがある。果実はできにくい。名は、白色の丁字花の意味である。関東地方以西で、生け垣、庭木として植栽される。とくに土質は選ばず、刈り込み、移植に強い。繁殖は挿木による。品種にフタエザキハクチョウゲ、ヤエハクチョウゲ、花が淡紅色のムラサキハクチョウゲ、葉が白覆輪のフイリハクチョウゲがある。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android