コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシドイ ハシドイ Syringa reticulata

4件 の用語解説(ハシドイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハシドイ
ハシドイ
Syringa reticulata

モクセイ科の落葉小高木で,キンツクバネともいう。アジア東部の温帯の山地や石灰岩地に生える。樹皮は灰白色で皮目が散生しサクラに似ている。小枝は灰褐色で毛はない。葉は柄があって対生し,長さ6~8cmの広卵形で鋭尖頭,全縁である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハシドイ

モクセイ科の落葉小高木。北海道〜九州中部の山地にはえ,北海道には多い。葉は広卵形で先はとがる。6〜7月,今年枝の先に円錐花序を出し,白色の花を多数開く。花冠は径約5mmで,深く4裂。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハシドイ【Syringa reticulata (Bl.) Hara】

白い花の円錐花序を多数つけるモクセイ科の落葉小高木で,温帯山地の沢沿いに多い。高さ12m,径40cmに達する。樹皮は帯褐灰白色,一年枝は栗灰色で皮目があり,先端が枯れ落ちて頂芽を欠く。葉は十字対生,まれに3輪生し,楕円形ないし広卵形で先が細くとがり,長さ6~10cm,裏面に軟細毛がある。6~7月,前年枝端の1対の芽から伸びた枝の一方または両方に,長さ20cm前後の円錐花序を頂生する。花冠は白く上部が4裂し,おしべは2本,めしべの花柱は長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハシドイ
はしどい
[学]Syringa reticulata (Bl.) Hara

モクセイ科の落葉高木。高さ5~10メートル。葉は対生し、広卵形で長さ6~10センチメートル、先は急にとがり、縁(へり)に鋸歯(きょし)はなく、裏面に軟細毛がある。6~7月、長さ15~25センチメートルの円錐(えんすい)花序をつくり、小さな白色花を多数開く。花冠は深く4裂して筒部は短く、雄しべは2本。果実は(さくか)、狭長楕円(だえん)形で長さ約2センチメートル、秋に熟して2裂する。千島列島南部、北海道の沢沿いに多く、本州から九州、および朝鮮半島に分布する。変種マンシュウハシドイは葉の裏面に毛がなく、北海道、本州、九州、および朝鮮半島、中国、東シベリアに分布する。庭木として植え、材は耐久性があるので、建築、器具材にする。ハシドイ属は北半球に約30種ある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハシドイの関連キーワード円錐花序ミヤマシキミ金木犀銀木犀草レダマはしどい木犀亀甲羽熊塩地ヌルデ(白膠木∥塩麩子)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone