コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシナガイルカ ハシナガイルカStenella longirostris; spinner dolphin

2件 の用語解説(ハシナガイルカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハシナガイルカ
ハシナガイルカ
Stenella longirostris; spinner dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科スジイルカ属。体長は雄約 2.4m,雌約 2mに達する。体重は約 77kgに達する。出生体長は 75~80cm。背部は黒灰色,体側は灰色で,尾柄部では体側と背部の色がぼかされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハシナガイルカ
はしながいるか / 嘴長海豚
spinner dolphin
[学]Stenella longirostris

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マイルカ科のハクジラ。体長2メートル、体重80キログラムまでの吻(ふん)の長いイルカ。インド洋、太平洋、大西洋の熱帯域に分布する。英名は、水面に跳躍して体をきりもみする習性に由来する。背面は黒色、腹面は白く、中間は灰色である。歯は上下左右おのおの50~60本。5~6年で成熟し、2~3年に1子を産む。魚、イカ、エビなどを食べる。[粕谷俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハシナガイルカの関連情報