コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシブトガラ Poecile palustris; marsh tit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハシブトガラ
Poecile palustris; marsh tit

スズメ目シジュウカラ科。全長 13cm。喉と頭部は光沢のある黒色。頬から胸,腹は白色で,背はわずかに淡褐色を帯びた灰色。尾は灰黒色。コガラに似るが,が太く,頭部の黒色が濃い。また尾がコガラの円尾に対して角尾である。分布ユーラシア大陸の東西に大きく二つに分かれ,西側はヨーロッパ西部からカフカス小アジアまで,東側はシベリア南部,モンゴルからロシア東南部,中国朝鮮半島,日本,サハリン島に及ぶ。森林にすみ,日本では北海道留鳥として生息している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハシブトガラ

シジュウカラ科の鳥。翼長6.3cm。頭上のど,背が黒く,腹は白。コガラとそっくりの色をしている。東アジアとヨーロッパに離れて分布。日本では北海道に留鳥として生息。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハシブトガラ
はしぶとがら / 嘴太雀
marsh tit
[学]Parus palustris

鳥綱スズメ目シジュウカラ科の鳥。全長12センチメートルの小形種で、背面は灰褐色、腹面は白く、頭頂とのどは黒く頬(ほお)は白い。コガラとよく似ていて野外では区別がむずかしいが、鳴き声が異なる。ユーラシアの中緯度地方に分布し、日本では北海道に留鳥としている。低地の落葉広葉樹林にすみ、とくに川辺の林や湿地林を好む。単独またはつがいで過ごし、冬には他種との混群に入ったりする。繁殖期には強い縄張り性を示し、つがいで樹洞や割れ目に巣をつくる。夏は昆虫食、秋冬には果実や種子も食べ、大量の草の種子を蓄えることで知られる。[中村登流]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハシブトガラの言及

【コガラ(小雀)】より

…日本では,北海道,本州,四国に留鳥として生息している。なお,北海道にはコガラによく似た別種のハシブトガラP.palustrisが分布している。【斎藤 隆史】。…

※「ハシブトガラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハシブトガラの関連キーワードアイヌ語/おもな語彙と実用例カラス(烏∥鴉)ハシボソガラスハシブトガラスカラス(鳥)カラス(烏)ノグチゲラ狩猟鳥獣カラス烏・鴉嘴細鴉山烏尾瀬

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android