コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシボソガラス Corvus corone; carrion crow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハシボソガラス
Corvus corone; carrion crow

スズメ目カラス科。全長 48~56cm。全身が青色や紫色の金属光沢のある黒色で,ハシブトガラスに似るが,体がやや小さく,も細い。習性も似ていて,繁殖期以外は大きな群れをつくり,特に冬季は各地からねぐらに群れ集まって大集団となる。生息環境はやや異なり,河川敷や農耕地,海岸など開けた環境にすみ,高山や都市化が進んだ地域にはあまり生息しない。分布はユーラシア大陸の東西に分かれる。西はヨーロッパ西部,東はロシア西部とアフガニスタンパキスタンから大陸東部,カムチャツカ半島,日本に及ぶ。おもに温帯から冷帯に広く分布し,日本でも全国に留鳥として生息する。雑食性で,昆虫,ミミズ穀類木の実,小型哺乳類,動物の死骸などを食べる。知能が高く,クルミの実を道路に置き,自動車にひかせて割ることなどが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハシボソガラス

カラス科の鳥。翼長32cm。全身黒色。ハシブトガラスにくらべくちばしが細めで,額が盛り上がっていない。ユーラシアの温帯以北とアフリカ北部に広く分布。日本では全国に留鳥として生息。
→関連項目カラス(烏)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハシボソガラス
はしぼそがらす / 嘴細鴉
carrion crow
[学]Corvus corone

鳥綱スズメ目カラス科の鳥。全長約50センチメートル。全身黒色。ヨーロッパからヒマラヤ以北のアジアと西アジアに広く分布する。ただし、北欧と中欧からシベリア中部までのものは後頸(こうけい)、背、胸、わき、腹が淡いねずみ色で、ズキンガラスC. cornixという別種とされることもある。ハシブトガラスとともに日本全国で普通にみられる2種のカラスの一つで、おもに農村地域にすむ。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハシボソガラスの言及

【カラス(烏∥鴉)】より

…スズメ目カラス科カラス属Corvusの鳥の総称。日本人が一般にカラスと呼んでいる鳥は,日本の各地で繁殖しているハシボソガラスCorvus corone(イラスト)とハシブトガラスC.macrorhynchos(イラスト)である。ハシボソガラスは旧北区のほぼ全域に分布し,日本では九州以北で繁殖。…

※「ハシボソガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハシボソガラスの関連キーワードアイヌ語/おもな語彙と実用例カラス(烏∥鴉)カラス(鳥)カラス(烏)ミヤマガラス浦本昌紀狩猟鳥獣烏・鴉嘴太鴉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハシボソガラスの関連情報