コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシリドコロ

百科事典マイペディアの解説

ハシリドコロ

ナス科の多年草。本州〜九州,朝鮮の湿った谷間にはえる。地下には太い塊茎があり,茎は高さ30〜60cm,葉は互生し楕円形で柔らかい。春,葉腋暗紫色の花を単生。花冠鐘形で長さ約2cm,先は5裂する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハシリドコロ【Scopolia japonica Maxim.】

ヒヨスベラドンナとならぶ著名なナス科有毒植物(イラスト)。和名は中毒すると走りまわって苦しむのでつけられた。本州,四国,九州の温帯林下の渓流に近い斜面に普通に自生する。山菜摘みをする際,注意しなければならない植物の一つである。全草無毛。茎は高さ30~60cmで,二叉(にさ)状に枝分れをする。地下には節のはっきりした太い地下茎がある。葉は長さ10~20cm,幅3~7cmで軟らかい。裏面は白みを帯びる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハシリドコロ
はしりどころ
[学]Scopolia japonica Maxim.

ナス科の多年草。本州、四国に分布し、湿った谷の陰地に生える。地下茎は横にはい、太く、くびれのある塊となる。茎は高さ約60センチメートルで直立し、まばらに分枝する。葉は長さ20センチメートルに達する楕円(だえん)状卵形で、先はとがる。葉柄をもち、全縁で柔らかい。春になると、葉腋(ようえき)から1個ずつ鐘形の花を下垂する。緑色の萼(がく)と暗紅紫色の花冠の先はいずれも浅く5裂し、花後、萼は大きくなって、球形の(さくか)を包む。[長沢元夫]

薬用

根茎をロート根、葉をロート葉と称し、アルカロイドのヒヨスチアミンを含むので鎮痛、鎮けい剤として胃痛に用いる。また、硫酸アトロピンの製造原料としても使用される。硫酸アトロピンは瞳孔(どうこう)を散大させる作用があるので、眼科の治療の際に重要な役割を果たす。1826年(文政9)、シーボルトが江戸の眼科医土生玄碩(はぶげんせき)に根茎が散瞳剤として特効あることを教え、玄碩は返礼として拝領した葵(あおい)の紋服を贈った。これがのちに発覚し、両者が獄につながれる事件へと発展した(シーボルト事件)。ロートとは、江戸時代の本草(ほんぞう)学者である小野蘭山(らんざん)が中国産シナヒヨスHyoscyamus niger L. var. chinensis Makinoの漢名である莨(ろうとう)を誤ってあてたものであるが、成分と薬効は同じである。
 なお、ハシリドコロの名は、植物体がヤマノイモ科のトコロ(オニドコロ)Dioscorea tokoro Makinoの根茎に似ており、誤って食べるとアルカロイドのために錯乱状態となって走り回るところからつけられた。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハシリドコロの言及

【有毒植物】より

…山菜とまちがえて中毒する例の多い植物に,次のようなものがある。山林に自生するハシリドコロ(ナス科)の根はロート根といい,鎮痛,鎮痙に用いられるが,全草にアトロピン系のアルカロイドを含んでいて猛毒である。芽生えを山菜とまちがえてたべたりすれば,その名の通りに走りまわって止まるところを知らずついには死に至る。…

※「ハシリドコロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハシリドコロの関連キーワードその他の自然毒による食中毒有毒植物による中毒莨菪根・ロート根ロートエキスアトロピンランガルトロート根沢茄子茄子科山茄子七桔梗雪割草喚草茄子

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハシリドコロの関連情報