ハス

百科事典マイペディア「ハス」の解説

ハス

コイ科の魚。全長20〜30cm。は一般によりも大きく,しりびれが著しく伸長。形はオイカワに似るが,上下がへの字形に曲がっているのが特徴。琵琶湖淀川水系,福井県三方湖とそれに注ぐ河川分布。近年他の河川で見られるものは,移植によるものが多い。大阪では本種をケタバス,オイカワをハスと呼ぶ。塩焼,刺身などにする。旬(しゅん)は初夏。絶滅危惧II類(環境省第4次レッドリスト)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハス」の解説

ハス
Has

オスマン帝国における軍事封土うち,最大級のものをいう。法律上は年収 10万アクチェ以上の「封土」をさす。ただし,ハスの財源は必ずしも土地に限らず,都市の関税,商品税,市場税なども含まれた。ハスはスルタン自身をはじめ,オスマン王家の人々,高級官僚,ベイレル・ベイサンジャク・ベイなどに割当てられていた。

ハス
Opsariichthys uncirostris uncirostris

コイ目コイ科の淡水魚。全長 20~30cm。体はやや細長く,扁している。口裂はへの字形で,近縁種と区別される。口は大きく,口ひげをもたない。体色は背方が淡青黒色,腹方は白色琵琶湖およびその流出河川である淀川と,福井県三方湖にのみ分布するが,近年各地に移殖されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android