コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッチンズ ハッチンズHutchins, Robert Maynard

4件 の用語解説(ハッチンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッチンズ
ハッチンズ
Hutchins, Robert Maynard

[生]1899.1.17. ニューヨークブルックリン
[没]1977.5.14. サンタバーバラ
アメリカの教育者。 1915~17年オーバーリン・カレッジに在学。第1次世界大戦中はアメリカおよびイタリアの野戦病院で奉仕活動に従事。 21年エール大学卒業,25年同法学部卒業。 27年 28歳のときエール大学法学部長,29年には 30歳でシカゴ大学総長となり,45年までつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハッチンズ

米国の教育家。30歳でシカゴ大学学長。真の自由人の養成をめざし,古典主義の立場から,当時の米国教育界のプラグマティズム新教育運動の流れを批判。著書《偉大なる会話》は彼の強調した一般教養の内容を示す。
→関連項目シカゴ大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハッチンズ【Robert Maynard Hutchins】

1899‐1979
古典主義に立つアメリカの教育家。ブルックリンに生まれ,イェール大学で文学,法学を修めた後,教壇に立つかたわら,法曹界や実業界でも活躍した。シカゴ大学学長在任中に,自然,社会,人文の諸分野を包括する古典名著120冊を選んだ〈グレート・ブックスGreat Books〉による教養教育を提案し(1931),今日の大学の一般教養課程のあり方に大きな影響を与えた。トマス・アクイナスの研究から,形而上学的世界観・人間観に基づく教育論を説いたが,アメリカ教育思想上は,文化的遺産を重視する〈エッセンシャリストessentialist〉の立場に立ち,同時代のプラグマティズムや新教育に対する批判者でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハッチンズ
はっちんず
Robert Maynard Hutchins
(1899―1977)

アメリカの教育者、法学者。エール大学卒業後、1927年同大学法学部長、1929年には30歳の若さでシカゴ大学総長となる。大学の一般教養課程のテキストとして120冊の古典Great Booksを選び、問答形式の教育を唱道。また、第二次世界大戦直後、世界憲法制定運動を起こす。ブリタニカ百科事典編集委員長、フォード財団理事などを歴任。世界連邦主義者としても知られる。著書には『教育と人格』(1968・笠井真男訳)などがある。[大江正比古]
『R・M・ハッチンズ著、森田美千代訳『理想の大学』(1980・創言社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハッチンズの関連キーワードリジェンダー童謡誌おてんとさんパテルノストロ自然と人生ハーグ平和会議久保天随会津若松(市)緯度変化株式会社極運動

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハッチンズの関連情報