コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハヤトウリ

3件 の用語解説(ハヤトウリの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ハヤトウリ

 [Sechium edule].スミレ目ウリ科ハヤトウリ属の多年草.果実を食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハヤトウリ

熱帯アメリカ原産のウリ科のつる性多年草。初め鹿児島県に導入されたのでこの名がある。葉は広卵形でつるは棚にはわせると10mにも達する。花は雌雄同株で淡緑白色。果実は倒卵形で1株に数十〜数百個着生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハヤトウリ
はやとうり / 隼人瓜
[学]Sechium edule Swartz

ウリ科の多年草。おもに果実を食用とするために栽培される。茎はつる性で、長さ10メートルを超すほどになる。葉はやや五角形状で基部は心臓形、幅10~20センチメートル雌雄異花。果実は西洋ナシ形で、色は黄白色または緑色、中に長さ5~6センチメートルの白色卵形の種子が1個ある。根はいも状に肥大してデンプン質。原産地メキシコ南部から熱帯アメリカ地域で、ヨーロッパアジアに伝播(でんぱ)したのは19世紀になってからである。現在は、熱帯を中心に広く栽培される。
 日本には1917年(大正6)アメリカから鹿児島に導入され、薩摩隼人(さつまはやと)にちなんで名がつけられた。関東でも育つが、鹿児島や沖縄などが栽培の適地である。春に種子を果実ごと植え付ける。霜にあうと枯れるので、日本では一年草として栽培する。未熟な果実を漬物や酢の物、甘煮、汁の実とする。また、葉や若いつるを野菜として食べ、いもは食用や飼料として利用する。つるで帽子や籠(かご)を編む。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハヤトウリの関連キーワードアゲラタムパキラアメリカ撫子アメリカ防風コロシント隼人瓜コロシント瓜ダツラツルムラサキツルレイシ