コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラッパー ハラッパー Harappa

5件 の用語解説(ハラッパーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハラッパー(Harappa)

パキスタン東部、パンジャブ州にあるインダス文明の都市遺跡。ムルタンの北東約140キロメートルインダス川の支流ラービ川の左岸に位置する。南北約400メートル、東西約200メートルの城塞部は日干し煉瓦の城壁に囲まれ、住居・作業場・穀物倉庫の跡のほか、青銅器・土器・印章なども出土している。ハラッパ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハラッパー

パキスタン東部のパンジャーブ地方,インダス川の支流ラービー川近くに位置し,下流のモヘンジョ・ダロと並ぶインダス文明の都市遺跡。アーリヤ人の侵入以前,前2500年―前1500年ごろに存続。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハラッパー【Harappā】

パキスタンのパンジャーブ州ムルターン北東約140kmにあるインダス文明都市期を代表する都市遺跡。ラービー涸川南岸に位置する。19世紀にカニンガムA.Cunninghamが剝片石器,印章などを採集したが,1920年代にサハニD.R.Sahniがインド亜大陸における未知の古代文明に属する遺跡であることを示唆し,のちバッツM.S.Vatsが大規模に発掘して,内容を明らかにした。最初にインダス文明が知られた遺跡としてその都市期の文化をハラッパー文化と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハラッパー【Harappā】

パキスタン北東部、パンジャブ地方にあるインダス文明の都市遺跡。城壁・作業台・大穀物倉庫跡のほか、彩色土器や青銅器などが発見されている。 → モヘンジョ-ダロ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハラッパー
はらっぱー
Harappa

インダス文明の代表的な都市遺跡の一つ。パキスタン中東部、パンジャーブ地方サヒワルの西方20キロメートル、ラービ川左岸に位置する。1922年のインド考古局のD・R・サハニによる発掘以来、バッツ、イギリスウィーラーらが発掘を行ったが、遺跡の全容は、後世の破壊によってモヘンジョ・ダーロほどに明確ではなく、西側の城塞(じょうさい)部とその周辺が明らかにされているのみである。
 城塞部は南北に長いほぼ平行四辺形をなし、東西約200メートル、南北約400メートルの規模である。全体が焼成(しょうせい)れんがで表面を覆った日干しれんが製の厚い城壁によって囲まれており、北西と南東隅にそれぞれ見張り塔を置くほか、おそらくは北と西に城門を開け、所々には稜堡(りょうほ)が築かれていた。なかでもウィーラーの発掘した西門とそれに隣接する厚さ12メートルもの城壁基壇がもっともよくその様相を明らかにしており、この下層からは、文明形成以前の文化層のあることも明らかになった。
 城塞外の北西方、かつてのラービ川の涸(か)れ川河床との間に挟まれた地域にも、いくつかの重要な遺構がある。すなわち基壇の腰壁はモヘンジョ・ダーロのものほど高くはないが、床面積(800平方メートル余)においてそれとほぼ同様の、大規模で整然とした穀物倉が川に近い所にあり、その南方には円形に焼成れんがを敷き詰め、中央に木製の臼(うす)を据えたと思われる作業台を18個並べた作業場、またおそらくは労働者用の住居と思われる、規格化された小住宅を二列に配した建物などがある。
 一方、城塞外南方には二つの墓地が発見され、そのうちHと名づけられた墓地からは、文明最盛期よりのちの文化様相を示すH墓地文化の跡が明らかとなった。同文化の分布はインド国境に近いバハーワルプル地方にも跡づけられ、文明末期およびその後に関する諸問題を提示しているが、その詳細はまだ不明である。[小西正捷]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハラッパーの関連キーワードザンジャーンチャンディーガルパンジャブムルタン東パキスタンイスラマーバードパンジャーブムルターンラーワルピンディーバルーチ族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハラッパーの関連情報