コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンガイ山脈 ハンガイさんみゃくHangayn nuruu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンガイ山脈
ハンガイさんみゃく
Hangayn nuruu

モンゴル中部にある北西南東方向の山脈。北西端はヒャルガス湖,ハルオス湖などの集る湖沼盆地に接し,南東端はゴビに続く。全長約 700km。標高 2000~3000m。最高点はオトゴンテンゲル山のエンフタイバン (平和) 峰で 3905m。中央部では平らな頂と切立った岩壁がみられるが,南北両方向へいくにつれて山容は穏やかになり,高度も減じる。北面にはカラマツ,シベリアスギなどの針葉混合樹林が多い。中央部の山腹には豊かな牧草地が広がり,ウシとヒツジを中心に放牧が行われる。北麓を流れるセレンゲ川の谷ではコムギが栽培され,モンゴル穀倉地帯となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンガイ山脈
はんがいさんみゃく
Khanghain Nuruu

モンゴル中部を北西から南東に連なる山脈。全長700キロメートル、南方のアルタイ山脈とほぼ並行する。平均標高2000~3000メートル。3200~3500メートル級の峰が連なり、最高峰は西部にあるオトゴン・テンゲル(4031メートル)。セレンガ川オルホン川ザブハン川などの水源であり、2600~2700メートル以上は高山帯、その下は山岳森林ステップ帯となり、山稜(さんりょう)の東側と南側はステップで、モンゴルで有数の豊かな牧草地が広がる。東部地域は古くから交通、軍事の要衝でもあり、トルコ系の突厥(とっけつ)やウイグル人の国家の王庭が置かれた。また、後のモンゴル帝国の首都カラコルムもこの地に建設された。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハンガイ山脈の関連キーワードテルヒーンツァガーン湖バヤンホンゴル州東部モンゴル高原ユチュケン[山]バヤン・ホンゴルウブルハンガイ州アルバイヘールアルハンガイ州ツェツェルリクツェツェルレグオルホン[川]モンゴル(国)バヤンホンゴルウチュケン山ウリヤスタイモンゴル高原フブスグル州ボルガン州ザブハン州トッフン寺

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android