コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンガー・ストライキ ハンガー・ストライキ hunger strike

翻訳|hunger strike

3件 の用語解説(ハンガー・ストライキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンガー・ストライキ
ハンガー・ストライキ
hunger strike

ハンストともいう。要求を通すために絶食によって示威を行う闘争手段。一種のすわり込み戦術で,個人または集団で行う。補助的,消極的な抗議手段であるが,人道問題として世論を喚起することが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハンガー・ストライキ

ハンストと略。絶食によって抗議の意思を表明し,また要求実現を訴える行為。世論の同情に訴える消極的な示威方法である。行動の自由を奪われた刑務所内での待遇改善要求の手段として用いられたのが始まりといわれる。
→関連項目断食

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンガー・ストライキ
はんがーすとらいき
hungar strike

たとえば絶食などの方法により社会的にアピールし、目的を達しようとして座り込む闘争戦術の一形態である。略称ハンスト労働組合で争議権が認められていなかったり、組合員大衆に闘う意欲が弱く、広範な闘争参加が困難な場合、組合幹部や一部活動家によって行われたりする。したがって、悲壮で突出した闘争戦術になりやすく、闘争戦術としての評価は限定される。ストライキとしては副次的な闘争戦術であり、むしろ、社会・労働運動における抗議やアピールのためにしばしば用いられる。[早川征一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンガー・ストライキの関連キーワード青票市議会白票代理表決意思機関意思通知村議会ドナーカードハンスト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンガー・ストライキの関連情報