ハンター(Torii Kedar Hunter)(読み)はんたー(英語表記)Torii Kedar Hunter

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンター(Torii Kedar Hunter)
はんたー
Torii Kedar Hunter
(1975― )

アメリカのプロ野球選手(右投右打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のミネソタ・ツインズで外野手としてプレー。2002年のオールスター・ゲームで、サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズが放った右中間へのホームランボールをフェンス越しに奪い取るなど、屈指の守備を誇る中堅手として知られている。

 7月18日、アーカンソー州パイン・ブラフで生まれる。パイン・ブラフ高から1993年、ドラフト1巡目(全体20番目)指名を受けてツインズに入団。高校時代には、野球のほかにバスケットボール、アメリカンフットボール、さらには陸上競技もこなし、当初から高い身体能力は評価されていた。入団後4年間はマイナー・リーグで鍛えられ、5年目の1997年のシーズン終盤に、代走で1回の出場ながら大リーグへのデビューを果たした。レギュラーとなったのは1999年で、2001年には、打率2割6分1厘、ホームラン27本、打点92をマーク、02年は打率2割8分9厘、ホームラン29本、打点94、盗塁23と成績を伸ばし、2年連続してゴールドグラブ賞を受賞した。この活躍が原動力となり、ツインズは11年ぶりの地区優勝を遂げた。同年シーズンオフに日米野球で来日、2本のホームランと好守を披露して最優秀選手(MVP)となった。2003年、04年はともに中心打者として20本以上のホームランを放ち、3年連続地区優勝の原動力になった。また、広い守備範囲と巧みなフェンス際の捕球技術の評価は高く、2005年は足首を骨折するなど、98試合の出場にとどまったにもかかわらず、5年連続でゴールドグラブ賞に選出され、06年も変わらぬ名手ぶりを発揮して連続受賞を6に伸ばした。

[出村義和]

2007年以降

2007年は、前年のホームラン31本を下回ったが28本を放ち、打率2割8分7厘、107打点を記録。守備面では、7年連続となるゴールドグラブ賞を受賞した。2008年からはロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムでプレー。

 2007年までの通算成績は、出場試合1234、安打1218、打率2割7分1厘、本塁打192、打点711。獲得したおもなタイトルは、ゴールドグラブ賞7回。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android