コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオリアクター bioreactor

翻訳|bioreactor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオリアクター
bioreactor

常温常圧の穏やかな条件下で特異的な触媒反応を行う酵素を工業的に有効に利用する生化学反応装置で,バイオテクノロジーの主要技術の一つ。特定の酵素あるいは酵素を生産する微生物菌体そのものを,多孔性膜や寒天などの高分子物質に固定化して反応容器に充填し,原料液を通過させて目的の物質を生産する。従来の化学工業プロセスに比べ,消費エネルギーは少なくてすみ,目的物質を効率よく生産できる。現在までに,アミノ酸,異性化糖,アルコール,アクリルアミドなどの工業的生産が試みられている。また,植物細胞の特性を生かし,微生物では生産できない有用物質を能率よく生産する目的で,固定化植物細胞 (ケシラベンダーなど) を用いたバイオリアクターの研究開発も進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バイオリアクター

微生物,動植物細胞,酵素などによる反応を利用して,物質の生産・分解・変換などを連続的に行う装置。細胞を培養しながら用いる場合もあるが,高分子ゲルや多孔質担体に酵素や微生物菌体を固定化して用いることが多い。
→関連項目バイオテクノロジーマイクロ・セル・リアクター

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

バイオリアクター

 生物やその成分の反応を利用して物質を生産する装置.通常酵素や菌体などを膜に固定して効率よく反応を行わせる装置などが使われている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

バイオリアクター【bioreactor】

固定化酵素や微生物を触媒として、物質の分解・合成などを行う装置やシステム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

バイオリアクターの関連キーワードマイクロセルリアクターE. カツィールエネルギー代謝多孔質ガラス固定化酵素システム人工臓器発酵工業雑菌汚染和田昭允触媒

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android