コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシラン[島] Basilan Island

世界大百科事典 第2版の解説

バシラン[島]【Basilan Island】

フィリピン南部,スールー諸島北端に位置し,諸島中最大の島。面積1282km2。サンボアンガ市の沖合17kmの地点に浮かび,最高峰バシラン山(標高1011m)のほかに20ヵ所にも及ぶ山頂が認められる複成火山島である。原住民はイスラム化したヤカン族で,中央政府の支配下に入ったのは20世紀に入ってからである。平坦地に欠けるが,山麓緩斜面,小河谷,沿岸低地には風化の進んだ沃土堆積があり,ゴムのプランテーションがみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android