バシラン[島](英語表記)Basilan Island

世界大百科事典 第2版の解説

バシラン[島]【Basilan Island】

フィリピン南部,スールー諸島北端に位置し,諸島中最大の島。面積1282km2。サンボアンガ市の沖合17kmの地点に浮かび,最高峰バシラン山(標高1011m)のほかに20ヵ所にも及ぶ山頂が認められる複成火山島である。原住民はイスラム化したヤカン族で,中央政府の支配下に入ったのは20世紀に入ってからである。平坦地に欠けるが,山麓緩斜面,小河谷,沿岸低地には風化の進んだ沃土堆積があり,ゴムのプランテーションがみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android