ビサヤ諸島(読み)ビサヤしょとう(英語表記)Visayan Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビサヤ諸島
ビサヤしょとう
Visayan Islands

フィリピン中央部,東を太平洋,西をスル海にはさまれて,ルソン島からミンダナオ島にかけて散在する島々。名称をもつ島だけでも 700近くあり,主要なものはサマルレイテ,マスバテ,ボホル,セブ,ネグロス,パナイの7島。熱帯季節風気候に属し,東部は降雨が多く冬季に最大となり,西部は冬から春に乾季が訪れる。住民はビサヤ族と総称され,西部ではヒリガイノン語,中央部でセブアノ語,東部でサマル語が主要な言語。セブ島を中心として古くから開発が進んだ。フィリピンで最も人口稠密な地域で,ミンダナオ島などに大量の人口流出がみられた。山がちの島が多く,おもに海岸部の平野でイネ,トウモロコシ,ココヤシ,芋類,サトウキビ,マニラアサが栽培される。漁業も重要な産業である。面積6万 650km2

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビサヤ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ビサヤ諸島】

Visayan Islands》フィリピン中央部、ルソン島ミンダナオ島の間の海域に浮かぶ諸島。パラワン島パナイ島ネグロス島セブ島ボホール島サマール島ボラカイ島、および多数の小島からなる。古代にスマトラ島からビサヤ人が移住。海上交易の拠点となった。サンゴ礁や白い砂浜に囲まれ、海岸保養地として知られる島が多い。中心都市はセブ島のセブ市。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ビサヤしょとう【ビサヤ諸島】

〔Visayan〕 フィリピン中部、サマル・ネグロス・パナイ・レイテ・セブ・ボホル・マスバテなど、七つの島から成る諸島。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビサヤ諸島
びさやしょとう
Visayan Islands

フィリピン中央部の大島群。北をルソン島、東を太平洋、南をミンダナオ島、西をミンドロ島、スル海に囲まれる。サマル島、レイテ島、ボホル島、セブ島、ネグロス島、パナイ島、マスバテ島などの主島と多数の小島とからなる。面積6万2014平方キロメートル、人口約1600万(2000)。フィリピンでは開発の歴史がもっとも古く、第二次マレー系のビサヤ人がスマトラ島方面から移住し、定着したとされ、ビサヤの名もスマトラ島の古代王国シュリービジャヤにちなむといわれている。フィリピン群島の中心にあり、海上交通が便利なため人口が集中している。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android