コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビサヤ諸島 ビサヤしょとう Visayan Islands

4件 の用語解説(ビサヤ諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビサヤ諸島
ビサヤしょとう
Visayan Islands

フィリピン中央部,東を太平洋,西をスル海にはさまれて,ルソン島からミンダナオ島にかけて散在する島々。名称をもつ島だけでも 700近くあり,主要なものはサマルレイテ,マスバテ,ボホル,セブ,ネグロス,パナイの7島。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビサヤ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ビサヤ諸島】

Visayan Islands》フィリピン中央部、ルソン島ミンダナオ島の間の海域に浮かぶ諸島。パラワン島パナイ島ネグロス島セブ島ボホール島サマール島ボラカイ島、および多数の小島からなる。古代にスマトラ島からビサヤ人が移住。海上交易の拠点となった。サンゴ礁や白い砂浜に囲まれ、海岸保養地として知られる島が多い。中心都市はセブ島のセブ市。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ビサヤしょとう【ビサヤ諸島】

〔Visayan〕 フィリピン中部、サマル・ネグロス・パナイ・レイテ・セブ・ボホル・マスバテなど、七つの島から成る諸島。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビサヤ諸島
びさやしょとう
Visayan Islands

フィリピン中央部の大島群。北をルソン島、東を太平洋、南をミンダナオ島、西をミンドロ島、スル海に囲まれる。サマル島レイテ島ボホル島、セブ島、ネグロス島パナイ島マスバテ島などの主島と多数の小島とからなる。面積6万2014平方キロメートル、人口約1600万(2000)。フィリピンでは開発の歴史がもっとも古く、第二次マレー系のビサヤ人がスマトラ島方面から移住し、定着したとされ、ビサヤの名もスマトラ島の古代王国シュリービジャヤにちなむといわれている。フィリピン群島の中心にあり、海上交通が便利なため人口が集中している。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビサヤ諸島の関連キーワードレビストロース氷舞/新宿鮫 VIスター・トレックVI/未知の世界Frederik VIRama VIUrbanus VIViśākhadattaviṣayaviṭaVologeses VI

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone