コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシラン島 バシランとうBasilan Island

3件 の用語解説(バシラン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バシラン島
バシランとう
Basilan Island

フィリピン,ミンダナオ島の南西部,サンボアンガ半島の先端沖にある島。周辺の小島とともにバシラン州を構成する。多数の火山があり,熱帯雨林が全島をおおうが,地形は比較的ゆるやかである。イスラム教徒ヤカン族が住んでいたが,20世紀に入り,ビサヤ諸島から大量のキリスト教徒が移住し,ゴムのプランテーションと林業が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バシラン‐とう〔‐タウ〕【バシラン島】

Basilan Island》フィリピン南西部、スールー諸島北部の島。周囲の小島とともにバシラン群島を構成し、バシラン州に属す。大部分を森林に覆われ、ココヤシ天然ゴム、木材などを産する。イスラム教徒が多く居住。かつてイスラム原理主義アブサヤフの活動の拠点があった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バシラン島
ばしらんとう
Basilan Island

フィリピン南部、ミンダナオ島のサンボアンガ半島南西端に隣接する島。地形的にはスル諸島に属し、付近の約50の小島とバシラン群島(人口32万6000、2000)を構成する。面積1373平方キロメートル。新期火山岩からなり、山がちで最高点は1013メートル。全島が森林に覆われ、装飾用硬材を産する。20世紀に入り、アメリカ資本による木材会社やゴム園が開かれた。住民はサマ人が多数を占め、おもに漁業を営んでいる。イスラム教徒が多く、モロ民族解放戦線の拠点でもある。バシラン海峡を隔ててミンダナオ島のサンボアンガと対する北端のバシランは木材、農産物の集散地となっている。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バシラン島の関連情報